IQ上位2%の投資家、中原良太です。

上がりも下がりもせず。

世界の株式市場は、
どっちつかずの動きを続けています。

こういう時期が来ると、

含み益が出てはなくなり、
「売っておけばよかった〜!」
と感じたり、

含み損が出てはなくなり、
「買わなきゃよかった〜!」
と後悔したり、

メンタルが落ち着きませんな(苦笑)

とはいえ、

株式市場は、
「短期では人気投票」
「長期では価値の計量器」
でございますので、

目下の動きに左右されず、
長期的な判断を心がけたいものです。

さて。

僕の運用成績ですが、
相場が下がった割には、
短期で購入した銘柄が持ちこたえてくれています。

僕は小型株ばかり買っていますが、
東証小型株指数が0.7%ほど下落したのに対し、
僕の持ち株は−0.02%で済みました。

「利益を出せなさそうなときはすぐ逃げる」
「損が出そうなときはできるだけ小さく抑える」
が僕のモットーですので、

引き続き、

手堅く運用していきます…。

【これまでの資産変動】
10/9:991万3066円
10/10:991万1994円(前日比▲2072円)

◆  ◆  ◆

僕も狙っている割安株を、
1つご紹介します:

◯新日本建設<1879>

建設と不動産開発がメイン。

業績が着々と拡大しており、
保守的に見積もっても割安なので、
買おうかどうか迷っています。

ざっと企業価値を見積もってみたのですが、
かなりお買い得だと思ったので共有します。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

※2019年3月期の有価証券報告書を参照
現金:50848百万円
掛金:13638×0.8=10902百万円
証券:612×0.8=489百万円
資産計:62239百万円
負債計:41786百万円

ネットネット:20453百万円
発行済株式総数:61,360,720株
⇨1株あたりネットネット:333円

と、こんな感じ。

同社の株価は787円ほどですが、

「仮にいま倒産しても、4割くらいは、
現金として戻ってきそうだぞ〜!」
という感じであります。

また、同社の10年分の有価証券をもとに、
収益性についても分析してみました。

※ここでの利益は、バフェットの「株主利益」を採用しています

すると、

同社の収益価値は1株あたり92円/年ほど。
益回りは11%ほどでした。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=333円+92円×10=1143円

という結果が得られました。

同社の理論株価は1143円。

現時点の株価が787円なので、
理論株価と比べてかなり割安に感じます。

短期で利益を狙うのは難しいでしょうが、
中長期でジワジワと値上りが期待できそうです。

NISAあたりで買っておくと、
有利だと期待できますなぁ^^@

ウォッチリストに入れて、
観察してはいかがでしょうか。

◆  ◆  ◆

目先の取引方針についてですが、

個人的には、
「首の皮一枚でつながっている」
という感じです。

10/10の日本株市場は、

「大型株=横ばい」
「小型株=弱気」

という1日でした。

大型株は良いとして、
小型株が弱いのは不安です。

というのも、

大型株とは違い、
小型株は市況に敏感でして。

「雰囲気に振り回されやすい」
という特性があるんです。

特に、

JASDAQ平均や、
東証小型株指数は、

「いちど下がり始めると、
一気に弱気に傾いてしまう」

という傾向があります。

JASDAQ平均・マザーズ指数は、
すでに5日線を割れています。

これからしばらくは、
上値が重そうですから、
新興株は買わない方が無難かと。

同様に、東証小型株指数は、
首の皮一枚でつながっているものの、
正直、今から買いたい地合いではありません。

かろうじて5日線を上回っているので、
僕自身は週末を持ち越そうと思いますが、
損をする可能性も十分あるので、

「基本は様子見姿勢」でいるのが、
ベターだと考えます。

今から買うとすれば、
大型株を狙うのが無難かと。

とはいえ、、、

「小型株が下がっているときは、
大型株を買っても微妙」

というのが僕の見解。

過去の株価データを使って、
統計を取ったことがあるのですが、

「小型株が弱いときには、
どんな株を買っても無駄!」

という印象があります。

5年〜10年という、
中長期視点での割安株投資以外は、
手を出さないほうが良いと思います。

かくいう僕自身、

今週末は様子見しつつ、
保有を継続する予定ですが、

市況が悪化するようであれば、
週明けにすぐにでも株を売る準備はできています。

「雰囲気が悪くなったらすぐに逃げる!」
が短期取引の鉄則ですので、

目先の動向に気をつけましょう。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。