IQ上位2%の投資家、中原良太です。

10月の日本株市場は、
上昇からスタートしました。

思ったよりも、
強気の滑り出しとなり、
ひと安心しています。

10/1の日本株が全面高だったので、
雰囲気は良好だと考えています。

これまで、

長期保有銘柄以外は、
現金多めで待機していましたが、

明日以降は、短期銘柄を、
がっつり仕込んで、
続伸に期待します。

手堅く資産運用するのも大事ですが、
「上昇気流に乗り、稼げるときに稼ぐ」
ことも大事です。

相場の雰囲気が良いうちは、

積極的にリスクを取って、
仕込んでおきたいですなぁ。

【これまでの資産変動】
9/30:997万7956円
10/1:998万6922円(前日比+8966円)

◆  ◆  ◆

買いたくて買いたくてたまらないのですが、
手元資金が無くて買えなかった株を共有します:

◯オーハシテクニカ<7628>

独立系の自動車部品メーカー。

企業規模の割にかなりお買い得だったので、
さいきんずっと追いかけておりました。

ざっと企業価値を見積もってみたのですが、
かなりお買い得だと思ったので共有します。

まず、同社の財産価値をザッと見積もると、

現金:20010百万円
掛金:7826×0.8=9030百万円
証券:1892×0.8=1513百万円
資産計:30553百万円
負債計:11093百万円

ネットネット:19460百万円
発行済株式総数:16,240,040株
⇨1株あたりネットネット:1198円

と、こんな感じ。

同社の株価は1389円ほどありますが、

「仮にいま倒産しても、8割くらいは、
現金として戻ってきそうだぞ〜!」
という感じであります。

また、同社の10年分の有価証券所をもとに、
収益性についても分析してみました。

直近はいささか業績が良すぎる印象があるので、
「過去10年間の平均利益」を使って、
同社の収益価値を算出しました。

※ここでの利益は、バフェットの「株主利益」を採用しています

すると、

同社の収益価値は1株あたり130円/年ほど。
益回りは10%弱といったところでしょうか。

これらの情報をもとに、
理論株価(割引率10%、成長率0%)を、
手堅く算出してみると、

理論株価
=清算価値+収益価値(10年)
=1198円+130円×10=2498円

という結果が得られました。

同社の理論株価は2498円。

10月1日時点、
同社の株価は1389円で、
理論株価の3分の2未満です。

かなーり悲観的に見積もったうえで、
これだけの価値がある会社なので、

「目先10年間で、年率10%は手堅そう」
という印象ですなぁ。

今年に入ってからは、
横ばいな推移が続いていますが、

財産もたっぷりある会社なので、
リスクが小さく・旨みが大きいと考えます。

3〜5年くらいかけて、
中長期で利益を狙うには良いかと。

NISAで買っても良さげかも。
注目してみてはいかがでしょう?
(奥さんとも共有しておこう…)

◆  ◆  ◆

目先の取引方針ですが、

前述したとおり、

僕は10/2に、
株をたっぷり仕込む予定です。

根拠は2つ。

まず、
「日本株には慣性の法則が働く」
という点です。

これは全世界的に確認されているのですが、
「株式市場は、いちど騰がり始めると、続伸しやすい!」
という傾向があります。

この現象は専門用語で、
「時系列モメンタム」
と呼ばれております。

また、2つ目の根拠としては、
「時系列モメンタムのパワーは週後半に増幅する!」
という傾向も、個人的に確認しております。

相場が上昇しているとき、
週後半は株式市場が上がる傾向があります。

20年以上も前から確認できる、
ずっと続く傾向ですので、

僕はその点も踏まえて、
10/2に小型株をたっぷり買う予定。

特に、

割安な銘柄には注目しているので、
厳選しつつ狙っていきます!

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。