目先の取引方針ですが、

先週末の相場下落を受け、

僕は週明けに早々と株を売り、
現金比率を6割まで引き上げました。

9月配当の権利落ちを境に、
日本株の動きが一気に弱くなりましたね…。

日本株の傾向として、
「いちど下がり始めると続落しやすい!」
という慣性が働く傾向があります。

また、例年、
「9月相場が強いと10月は下がりやすい!」
という傾向がございます。

(2018年がまさに、このパターンでした)

10月から相場が崩れる可能性があるので、
これからの動きには気を張るのが良いと考えます。

一部の研究では、
「暴落した翌年は、同じように暴落しやすい!」
なんてデータもあります。

2018年10月は相場が崩れ、
大きく下がっていますので、
今年も同じような動きになる可能性に注意しましょう。

格安なバリュー株を持っている場合は、
さほど心配する必要はないでしょうが、

ひとまず、

いま買っても良いのは、
「価値がたっぷり詰まった割安株」
くらいのもの。

短期目的で取引をする場合は、
相場が好転するまでは、
静観した方が良いかと。

僕自身、保有しているのは、
格安株だけに絞っています。

お買い得な株を見つければ、
買い増すこともあるでしょうが、
基本は「様子見」で行く予定です。