ちょっと気になったことがあったので、
ひとこと、物申そうかと思います。

株系の情報サイトを見ていると、

超割高な銘柄を平然と勧める、
とんでもない人が結構多いです。

特に、

「PERが低い会社は儲からないからダメだ!」
なんていうヒドイ人まで居たので、

ちょいとPERについて解説しようかと。

まず、株式投資で得られる、
最大の利回りは「1÷PER」です。
この数字は「益回り」と呼ばれます。

たとえば、

PERが5倍なら、
期待利回りは「最大20%」

PERが10倍なら、
期待利回りは「最大10%」

PERが20倍なら、
期待利回りは「最大5%」

PERが100倍なら、
期待利回りは「最大1%」

といった寸法です。

よって、

一時的に業績が悪いだけの会社は除いて、

PERが20倍を超える株は、
「合理的に見て儲からない」
場合が多いので、

手を出すべきじゃないです。

ただ、PERにも弱点はあって、

「一時利益を出した会社に騙されやすい」
「粉飾決算している会社に騙されやすい」
「借金が多く危険な会社に騙されやすい」
「利益が出せるまで3年〜5年はかかる」
「薄利多売系はPERが乱高下しやすく信頼できない」
「会社が持つ財産が加味できない」

などなど、

課題も山積みな指標なので、
補完すべき要素がたっぷりあるんですよ。

それこそ、

「工場を売って利益を出したからPERが低い」とか、
「掛金などで利益をかさ増ししたからPERが低い」とか、
「大量の有利子負債を抱えているからPERが低い」とか、
「1カ月持ってみたけど株が騰がらない」とか、
「純利益率が1%未満だった」とか、
「手元に財産がほとんどない会社だった」とか。

こういう点を満たすような企業だと、
PERが低くても儲かりにくい訳です。

経営陣が悪さしているせいで、
僕ら投資家が儲からないこともあるので、

全てが僕らのせいでは無いですが、

それにしたって、
「PERが低い会社はダメだ!」というのは、
ちょっと無責任だと思います。

要するに、何を言いたいかというと、
「PERが低い株を買っても儲からない」
というのは、

「分析が甘いだけでしょ」
「近視眼的になっているだけでしょ」
ということ。

もちろん、

「PERが低ければ何でも良い!」
というのも同様に無責任なので、

低PERを勧める以上は、

きっちり細かいところまで、
解説すべきだとも思いますが(汗)

ふぅ。

そんな話はさておき。

今日も相場が上がりましたね。
相変わらず、雰囲気が良くて嬉しいです。

引き続き、グイグイお金を、
増やして行きたいですなぁ…。

【これまでの資産変動】
9/24:998万5372円
9/25:999万1772円(前日比+6400円)