IQ上位2%の投資家、中原良太です。

今日も1日、
強い相場でしたね。

特に小型株が強く、
小型株を全力買いした僕にとっては、
ホクホクな1日でした。

さいきんは何かと、
「中東情勢がうんぬん」
「日韓関係がうんぬん」
というニュースが多く、

暗い雰囲気ですが、

安くて良い会社を買っていれば、
この点は心配いりませんね。

黙って待っていれば、
自ずと株価が上がると思うので、
安心して見ていられます…。

さて。

本日のトレード成績ですが、
半月分のお給料が得られました。

相場の雰囲気も悪くないので、
引き続き全力買いを継続します。

今週末はこのまま、
フルポジションで過ごします。

もっと上がってくれると良いなぁ…。

【これまでの資産変動】
9/18:978万0352円
9/19:989万4409円(前日比+11万4057円)

◆  ◆  ◆

業績面は良くありませんが、
株価が激安な銘柄があったので分析してみました:

◯ササクラ<6303>

海水淡水化装置の大手。

かなーり株価が安かったので、
財務状況をザッと調べました。

同社の清算価値をザッと計算すると、

現金:2533百万円
掛金:18466×0.8=14472百万円
棚卸:3704×0.67=2481百万円
証券:1650百万円
その他:3588×0.15=538百万円
資産計:21674百万円
負債計:9083百万円

正味流動資産:12591百万円
⇨1株あたり正味流動資産:3841円
(参考:証券分析【1934年版】)

とまあ、こんな感じでした。

数字だけを見ても、
「なんじゃこりゃ〜!」
と感じるかもしれませんが、

「そこそこ悲観的に見積もってみても、
たっぷり財産を持っているぞ!」ということ。

同社の株価は2269円ですが、
同社の1株あたり資産は3841円。

財産の割に、過小評価され過ぎと考えます。

さいきんは業績が不安定で、
営業キャッシュフローはマイナス。

現金の流出が目立っているので、
この点が不安なところですが…。

とはいえ、

この点さえ解決すれば、
「めちゃ割安」でしょうから、
注目に値する会社だと思います。

かなり悲観的に見積もっても、
割安感があるように見えます。

ヘタな割高成長株に注目するより、
よっぽど良いと思いますなぁ。

ウォッチリストに入れておきましょう…。

◆  ◆  ◆

短期的な相場展望ですが、

相場が上がっている以上、
「まだまだ上がる!」と期待します。

何度もお話ししていますが、
株式市場には慣性の法則が働きます。

「いちど騰がり始めると、騰がり続けやすい!」
という傾向があるので、

しばらく、続伸に期待したいところ。

短期でのトレードでは、
がっつり株を買い込んでおきたい所です。

一方、

ここ2週間くらいで、
日本株全体がだいぶあがり、
持ち株がそこそこ含み益を抱えている場合は、

「持ち株を売ってしまい、
割安な銘柄に乗り換える」

といった対応も必要でしょう。

僕自身、

短期保有の銘柄はがっちり保有しつつ、
長期保有の銘柄は適度に割安株に入れ替えています。

割安株は今みたいな上昇相場には不向きですが、
相場が反落する局面で異様なまでに底堅いので、
保険としても期待できるかと。

ということで、

「短期視点では上昇期待の出遅れ小型株を買う!」
「長期視点では下落しにくい超割安株を買う!」

といったスタンスで、
引き続き、強気で臨みます。

ぐいぐい上がってもらって、
できる限り利益を伸ばしたいところです…。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。