9/5の日本株が全面高でした。

何やら、世界各地で、
「金融緩和の動きが強まるのでは?」
という楽観が広がったのが原因みたい。

憶測で相場が大きく騰がることはよくありますが、
自分が株を売った直後に動かれると悔しいですね笑

日本株市場の特性として、
「いちど騰がり始めると強気相場が続きやすい!」
という傾向があります。※

この現象は、
「時系列モメンタム」
と呼ばれています。

※論文:Time-series Momentum

また、他に良さげな材料としては、
「9月相場は順張りが有利だぞ!」
というデータがあってですね。

相場が騰がり始めたときは、
ガッツリ株を買うと有利という、
データが優勢なんですよ。

ただし、裏を返すと、
「相場が下がり始めるとかなり危険」
ということでもありますので、

「相場が下がったらすぐ逃げる」
ことを意識しておくと無難かと。

僕自身、TOPIXや小型株指数の終値が、
5日線を割ったときには即・逃げるつもり。

以上を踏まえ、僕の今後のトレード方針ですが、

相場の雰囲気が改善したので、
「週末に小型株をガッツリ買う」予定です。
(次こそ、当たると良いのですが苦笑)

それと、

「相場が大きく反落するようであれば、
週明け早々に株を売却して損切りするつもり」
という点も強調しておきます。

相場の雰囲気が悪いときは、
個別株で良さそうなのがない限りは、
取引をお休みします〜。

9月に入ってからは、
マーケットから出遅れているので、
少しずつで良いから、取り返したいところです…。