IQ上位2%の投資家、中原良太です。

日本株はぱっとしない動きが続いています。

中長期保有をするなら別ですが、
短期で利益を出そうと思うと、

「動かない相場」ほど、
退屈な相場はありません…。

仮にトレードするにしも、
動きの軽い小型株が狙い時かと。

かういう僕自身は、

今のところは中長期保有目的の、
小型株をがっちりホールド中です。

「短期で利益を狙う!」というより、
「中長期でジワジワリターンを目指す!」という、
のんびり投資をメインに運用しております。

一方、

小型株指数は比較的動きが大きかったので、
そろそろ買い場が来たかもしれません。

例年、9月は相場が下がりやすいので、
リスク覚悟で買うべきか悩みどころですなぁ…。

【これまでの資産変動】
9/2:941万4663円
9/3:941万2063円(前日比▲2600円)

◆  ◆  ◆

株価が下がったら買いたい、
業績優秀株を再プッシュします:

◯ファンデリー<3137>

生活習慣病予防向けの、
健康食宅配サービスを展開。

今後、大規模な設備投資の計画もあり、
収益が圧迫される可能性があるものの、
同時に、売上の拡大も期待できます。

設備投資は一般に、
「売り材料」なのですが、

とはいえ、

製品を作る上での収益ドライバーとして、
今回の設備投資は有効な投資と期待できるので、

今のところは期待材料として解釈しています。

2月にご紹介したときは10万円株で、
かなーり割安だったのですが、

すでに1.5倍近くまで、
株価が上がってしまいました。

一時的な収益悪化に耐えられるなら、
「今から買っても平気だろう」
とは思いますが、

不安な株価が下がるのを待っても良いかも。

引き続き、動向に注目しましょう〜!

◆  ◆  ◆

9/2、米国株が休場だったこともあり、
日本株の動きは全体的に小動きでした。

とはいえ、

小型株は活況だったようですね。

日本の小型株市場は、
「いちど騰がると続伸しやすい!」
という傾向がとても強いです。

特に週後半は、
市場の動きについていくだけでも、
それなりに利益が期待できます。

そこで、

僕自身のトレード方針としては、
「水曜日に株をガッツリ買う!」
予定でおります。

ただし、

例年、9月は相場が下がりやすく、
危険な時期と言われております。

なので、

「少しでも相場の雰囲気が悪くなったら、
損切りして退却しよう」と考えています。

ちょろっとお小遣いが得られると期待して、
小型株を中心に買い付けようかな。

一方、

大型株は動きがはっきりしないので、
いま買っても儲けるのは難しそうです。

よって、

大型株の取引については、
「とくに何もせず保留」
しておくのが無難かと。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。