IQ上位2%の投資家、中原良太です。

月末にも関わらず、
相場の雰囲気が悪いですね。

通常、株式市場には、
「株式市場は月末に上がりやすい!」
という傾向があるんです。

この現象は100年以上も昔から、
ず〜っと続いているんですが、
今月は様子が違いますね。

僕自身、

短期取引はひとまず休んでいて、
中長期保有用の有望株を物色しています。

とはいえ、

「相場が下がっている割に、
割安で良さげな株がまだまだ少ない」
という印象もございまして。

「おいおい、日本株大丈夫か…?」
なんて心配になっているところです。

まぁ。

YouTube Liveを始めとして、
僕自身は、下落相場にとことん強く、
手堅い資産運用をしております。

多少の損失は免れませんが、
「損を抑えて、利益はそのまま!」
をモットーに、突き進みたいところです。

【これまでの資産変動】
8/28:941万7797円
8/29:941万3903円(前日比▲3894円)

◆  ◆  ◆

良さげな割安株が出尽くしてしまったので、
「安くなったらぜひ買いたい!」と、
考えている優良株を紹介します:

◯ユー・エス・エス<4732>

中古車買取店の「ラビット」を展開。
中古車オークションの最大手です。

同社は粗利益率が高いうえ、
収益性はピカイチなのが嬉しいところ。

とはいえ、

業績が優秀なだけあって、
株価もなかなか高めの水準。

一般的には、
「予想PERが15倍を割ると割安!」
なんて言われておりますが、

同社はすでに予想PERは20倍ほど。

株を買うにしても、
今の業績で1500円を割り込むか、
今の株価で業績1.5倍になるか、
どちらかが必要かと考えます。

ワクワクするくらい業績も伸びているので、
「機会があれば買いたい…。」と願う株。

こういう会社を見つけると、
「日本株、暴落してくれ〜!!!」
と感じてしまうのは、僕だけかしら?笑

◆  ◆  ◆

今後の取引方針についてですが、

まだまだ日本株の動きが弱いので、
引き続き、取引はお休みしています。

「相場が下がっているうちは、
短期で株を買ってはいけない!」

というのが日本株取引の基本です。※

※論拠となる論文:Time series Momentum

可能性としては低いでしょうが、
雰囲気が悪いうちは暴落の危険もあります。

むやみに手を出しても、
損をする可能性が高いので、
黙って静かにしておきましょう。

台風や嵐が来たときに、
漁師が漁に出ると危ないのと同じです。

とはいえ、

相場が下がっているときは、
「安く良い株を仕込むチャンス」
でもあります。

トレーダー・中原良太は、
最近、おやすみしていますが、

投資家・中原良太は、
意気揚々と銘柄分析に励んでいます(笑)

木曜日には保有銘柄を、
無事に入れ替えられました。

目先3年〜5年という長い目で見て、
ゆっくりと増やしていこうと思います。

それと。

水面下では「短期取引」の手法も、
着々とブラッシュアップしています。

額面の資産は増えていませんが、
「将来の資産を増やす種まき」は、
着々と進めているところです…。

以上。

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。