From: 中原良太
パソコンの前にへばりつきながら、、、

株価データを集計していたら、
面白いデータを得たので共有します:

以下の2銘柄は、
「大引けに買う」
「寄り付きに手仕舞う」
という作戦を使うと、

ピカイチで儲かりました。

◯みずほFG(8411)
◯ソフトバンクグループ(9984)

同2銘柄でやることは、
それこそ単純明快でして。

「大引けに買う」
「寄り付きに買い戻す」

という取引を、
淡々と繰り返すだけです。

手数料の高い証券口座を使っていると、
手数料負けしてしまう可能性が高いので、

過去にウェブセミナーで解説した、
「手数料節約術」と併せて、
ご活用くださいm(_ _)m

◆  ◆  ◆

…とまぁ、耳寄りな話はさておき。

「みずほFG(8411)」
は有名な銀行株の1つですが、

YouTubeで生放送を、
聞いている方はご存じのとおり、
僕は金融系の株を毛嫌いしています。

理由はカンタンで、
「ぼったくり企業が多いから」
でございます。

なので、

金融株を買うことはあっても、
「短期トレード」するの限定で、
割り切った付き合い方をしています。

金融系の会社の株を買っても、
長期で儲かるところが想像できないんですよ…。

◆  ◆  ◆

そんな中、

「銀行株を買うんだったら、
儲かりやすい選び方があるぞ!」

という論文を発見しました。

論文のタイトルは、
“Size Anomalies in U.S. Bank Stock Returns”
でございます。

これはノートルダム大学を筆頭とした研究で、
過去34年分の米国銀行株データを基に、

「株価が騰がりやすい銀行株の特徴」
を調べたものです。

詳しくは、

YouTubeの動画にて解説しています。

僕ら個人投資家必見の内容ですので、
興味のある方は、ぜひご覧ください…m(_ _)m

– 中原良太