From: 中原良太
メールに困惑しながら、、、

「私には、勉強する贅沢は許されません…」

これは、僕のところに届いた、
1通の問い合わせメールの文面です。

「勉強する余裕なんて無い」

資産運用の講師業を営んでいると、
こういう声を何度も頂きます。

確かに、ねぇ。

先日、夏休みのために、
「朝顔の鉢」を持った、
小学生を見かけました。

子供たちにとっては、
これから1カ月ほどは、

「何もしなくて良い夏休み!」です。

あの頃に戻ることができるなら、
戻ってもう1度、満喫したいです。

子供の頃は、本当に何も考えず、
「無邪気に今を楽しむ」ことが、
できていた気がします。

それが、いま大人になると、

仕事に振り回され、
人間関係に振り回され、

「ぜんぜん時間が無い…」と、
悩むことが増えました。

僕にメールをくれた人も、
きっと、こんな思いをしているのでしょう。

◆  ◆  ◆

かくいう僕も多忙な人種でして。
週に70時間以上、働いています。
まともな休みは滅多にありません。

でもね。

そんな僕からみても、
「勉強する余裕がない」というのは、
ちょっと違うと思います。

むしろ、

「余裕が無いから勉強するんだ」

と思いますよ。

だってね。

人生は1度しかないんです。

1日は24時間、
1年は365日です。

これは誰だって同じです。

だから、

「人の2倍働く」とか、
「人の10倍努力する」とか、

物理的に不可能なんですよ。

僕らの時間は限られているので、
「失敗して学ぶ」時間も有限です。

「すべて自分で試して学ぶ」
なんて贅沢は許されないんですよ。

だからこそ、

「他人の経験を通じて学ぶ」ことが、
必要なんですよ。

それこそ、

僕らが何年もかけて失敗を乗り越えなくても、
「先人達の知恵を活かす」ことで、
一足飛びで前へ進むことができます。

そのためには、

「たっくさん勉強すること」が、
一番の近道だと思うんですよ。

「勉強する時間が無い」なんてのは、贅沢です。
「時間がないから勉強しないと」いけないんですよ。

世の中には、
「勉強する時間がない」と宣う、
贅沢モンが多いんで、困ったものです。

過去の偉大な人たちも、
たっぷり勉強してきたことは、
言うまでもありません。

万有引力を発見した、
アイザック・ニュートンは、

哲学者のロバート・フックに宛てた書簡の中で、
このように述べています。

「私がかなたを見渡せたのだとしたら、
それはひとえに巨人の肩の上に乗っていたからです」

つまり、

「私が(万有引力という)偉大な発見をできたのは、
過去の人々の研究を糧にしてきたからです」

ということですね。

新たな発見をするには、

「自分ひとりで頑張る」のでは遅すぎます。
たった1度の人生、そんなペースで進むのは贅沢です。

「勉強は贅沢だ!」なんて、
言うひともいますが、

僕からすれば、
「勉強しない方が贅沢だ!」
と思うんですよね。

あなたも、そう思いませんか?

– 中原良太

PS

特に勉強が大事な分野の1つに、
「デイトレード」があります。

資産運用の世界においては、

デイトレードは、
「もっとも攻略が難しい」
と考えられています。

なぜなら、

取引手数料がかさみやすく、
利益を出すのが難しいからです。

「デイトレーダーになりたい!」
という方もたくさん居ますが、

本気で成功したいのであれば、
人並み以上の勉強が必要です。
「巨人の肩の上に乗る」ことで、
多くのライバル達を出し抜くのです。

参考までに、

「デイトレード攻略法」を、
2パターン解説した動画を、
YouTubeにアップしました。

「デイトレーダーになりたい!」という方は、
ぜひ、ご視聴ください^^@