From: 中原良太
勤め先からの帰り道にて、、、

小学生の子どもたちが、
朝顔の鉢植えを持って、
下校していました。

あれはたぶん、

小学1年生の子たち。

夏休みの宿題に、
「朝顔の観察日記」
を付けなきゃいけないんだ。

小さな身体で、
大きな鉢植えを運ぶ姿が、
なんとも可愛いらしい。

家に帰ってからは、
人生初めての夏休みを、
満喫するんだろうなぁ。

ああ、そっか。

もう夏休みだ。

◆  ◆  ◆

夏休みと言えば、

小学1年生の頃の僕は、
やや「知恵遅れ」気味でした。

だから、

「夏休みの宿題」という言葉の、
意味すら分かっていませんでした。

朝顔の観察日記についても、
母親に言われてはじめて付け始めて。

「自分、花の絵なんか書いてるんだろう…?」
と、不思議でたまらなかったのを覚えています。

僕は中学生になっても、
高校生になっても学ばず、

僕は「夏休みの宿題」を、
さいごまでやらない子供でした。

いわゆる、

「計画性の無い子供だった」と思います(笑)

この頃の友人はみんな僕と同じで、

女の子たちは計画的だったけど、
男の子たちはちゃらんぽらんだったなぁ。

◆  ◆  ◆

いまでは、僕らはもう大人です。

子供の頃のときのように、
「ちゃらんぽらん」とは、
生きていられません。

同じような方法で仕事をしてたら、
間違いなく上司に叱られます。

「なんとなくで仕事するな!」
と言われちゃうでしょうね。

この話は資産運用にも通じます。

僕ら投資家は、
「計画」でお金を稼げます。

「計画」なくして、
お金は増やせません。

「なんとなく良さそうな株を買う」
「なんとなく良さそうな時に買う」
というちゃらんぽらんで、

上手く行くハズがありません。

特に、

「早くお金を増やしたい!」
と考えている僕らは、

計画力という観点では、
周りよりも「一歩先」へ、
行かなきゃいけません。

周りが1カ月先を計画するなら、
僕らは2カ月先を計画する。

周りが1年先を計画するなら、
僕らは2年先を計画する…。

といったように。

「先へ先へ進むこと」が、
利益の原動力なんですよね。

たまーに。

「株は趣味ですw」
「好きな株を好きなときに買いますw」
という方を見かけますが、

競馬などのギャンブルのように、
娯楽として楽しむなら別ですが。

「本気でお金を増やしたい!」
と考えているなら、上手くいきません。

計画!計画!計画!

とにもかくにも計画です。

お金を活用するためにも、
知恵を振り絞って計画をたてましょう。

これが僕らにとっての、
最大の仕事だと思うんですよね…。

– 中原良太

PS

しつこいようですが、
「計画」の威力はスゴイですよ。

僕自身、

ちょっと計画を立てただけで、
「2週間で100万円を稼ぐ」
こともできました。

具体的なプランについては、
YouTubeの動画で明かしています。

気になる方は、

ぜひ見てみてください^^@