IQ上位2%の投資家、中原良太です。

7/11は日本株が大きく反発しました。

米利下げは織り込み済みだと思っていたので、
11日の相場上昇は、正直、意外でしたね。

相場が上がってくれたことで、
少し相場の雰囲気がよくなってきました。

日本株市場には、
「上がった翌日も上がりやすい!」
という傾向があります。

今から株を買えば、
利益を出せるかも?

果たしてこれから、
どう立ち回れば良いのでしょう…?

◆  ◆  ◆

昨日の予想では、
「次の大きなチャンスは7/29(月)だと思うぞ!」
という話をしました。

具体的な理由は2つ。列挙すると、

◯株式市場は月末に上がりやすい!

◯FOMCサイクル的に7/30(火)〜8/6(火)が上がりやすい!
(FOMCアナウンス前日から1週間は株価は上がりやすい)

といった根拠をお話ししました。

以上を踏まえたうえで、
「月末に備えて現金多めで過ごした方が、チャンスを掴めそう!」
という話をしました。

そして今。思いがけず相場が上がりました。

僕自身、株をほとんど売っていたので、
「現金にしたとたん、相場が上がった!」
「儲け損ねて悔しい!」と感じます。

これからは、どうするべきでしょうか…?

◆  ◆  ◆

今日の予想は昨日の続きです。

7/11に相場が上がったので、
「いまからでも追いかけるべきか?」
と悩ましいところです。

そんな中の中原の見解はこうです:

結論から言うと、
「やはり本命は7/29(月)からのチャンス!」
「それでも今週末は株を買っておいても良さそう!」
と考えています。

月末がチャンスという考えは、
昨日から特に変わっていません。

それと同時に7/11に市況が改善したので、
「今週末くらいは、株を買っても良いかも…?」
と思いはじめました。

大きな理由は2つ。

1つ目:

世界の株式市場全体の傾向として、
「相場が騰がり始めると続伸しやすい」
ことが確認されています。

この現象は「時系列モメンタム」と呼ばれ、
特に日本株の場合、小型株ほど傾向が強いです。

だから、

7/11に相場が騰がった今こそ、
「ガンガン攻めて利益を狙う時!」
と言えるでしょう。

2つ目:

さらに嬉しい材料としては、
「週の後半は株価が騰がりやすいぞ!」
という傾向も確認されています。

経済学者のケネス・フレンチ教授の調査によると、
「週後半は平均と比べて株価が5倍も騰がった!」
なんて衝撃的なデータもあるくらいです。※

※論文:Stock returns and the weekend effect

この2つの材料を追い風に、
今週末の日本株は強いかも?

僕自身、今回は、
「勝負するときだ!」
と判断し、週末に株を買う予定です。

週末は株を持ち越して、
少しでもおこぼれに与ろうと考えてます(笑)

もちろん、これはあくまで僕の見解。
決めるのはあなた自身です。

ただ言えるのは、

ここまで話したことは、
「膨大なデータによって実証されてきた」
科学的なお話しだということです。

これらの話に基づいて、

あなたはこれからの夏枯れ相場を、
どうやって乗り切りますか?

後悔のないよう、
たっぷり考えて決断してください^^@

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。