From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

パウエル議長の議会証言を終え、
世界的に株が上がってきました。

いい感じ。

この分なら今週末に、
株を買っても良さそうですね。

僕も追いかけて、
週末に株を買う予定です。

たっぷり株を仕込んで、
少しでも旨みを得ようと画策中ですw

やはり、

タイミングを測るのは、
株取引で一番難しいですね〜。

株取引を勉強した方なら分かると思いますが、

「銘柄選び」に関する本は沢山あるんですが、

「取引のタイミング」に関する本って、
ほとんどないんですよ。

「5%利益が出たら売り!」とか、
「5%損失が出たら売り!」とか、
いかにも根拠の薄い方法ばかり。

しかしそれでも、

タイミングの見極めは、
上手くいけば「かなり報われる」分野です。

だからこそ、

自分でいろいろと調べてみて、
研究しなきゃいけない分野なんですよね。

◆  ◆  ◆

株取引のタイミングは、
奥が非常に深くてですね。

僕自身、10年以上株をやっていますが、
いまだに「これだ!」と理解できるほど、
体系立てることができていません。

いろんなテクニックは知っていますが、
ひとまとめにデキていないんですよ…(焦)

それだけ難しいんです。

そんな中でも、

これは僕の経験則というか、
唯一納得できる株の買い方があります。

それは、
「順張りでは待つな!」
「逆張りでは待て!」
という戦略です。

順張りとは、
「相場の波に合わせて取引して利益を出す」
ことを指しています。

たとえば、
「上昇相場の波に乗って稼ぐ!」
という手法ですね。

相場上昇や相場下落って、
「ゆっくり始まってだんだん早くなる」
傾向があるんです。

だから、ダマシ覚悟で、
早すぎる位で取引しないと、

「だんだん早くなる」美味しいところを、
丸ごと取り逃がしてしまうんです。

失敗するのを覚悟しつつ、
「待たずに早く買う」
ってのが大事だと思うんです。

一方、逆張りとは、
「相場の波に逆らって取引して利益を出す」
ことを指しています。

たとえば、去年のクリスマスのような、
「相場の暴落に株を買って稼ぐ!」
という手法ですね。

逆張りは、仕掛けが早すぎると、
みるみる含み損が膨らんでいって、
なかなか利益を出せません。

だから、
「相場が大暴落するまで辛抱強く待つ」
のが大事だと思うんです。

◆  ◆  ◆

作戦によって取引の仕方が真逆になるんで、
頭を切り替えるのが大変です^^;

「株を買うタイミングが分からない!」
と悩んでいる方は、

順張りトレードでは、
「相場が上がったら早く買う!」
「相場が下がったら早く売る!」
ことを意識するのが良いかと。

一方、

逆張りトレードでは、
「相場が下がっても暴落を待つ!」
「相場が反発しても戻り切るのを待つ!」
ことを意識すると利益を伸ばしやすいと思います!

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/10:999万8769円
7/11:1002万0969円(前日比+2万2200円)