From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

なんてこった!

「運用資金1000万円突破おめでとう!」と、
お祝いをした翌日に、

運用資金が1000万円を切ってしまったorz

「三日天下」とはまさに、
こういうことを言うのですね(苦笑)

7/10(水)の日本株も下落。
相変わらず、雰囲気が悪いです。

相場が下がっている時期には、
どんな株を買ってもお金が減ります。

投資初心者のうちは、
「良い会社の株を買えば、
相場が悪くても儲かるはず!」
と考えがちですが、

そうではないんですよね…汗

僕自身、自信たっぷりの超有望株だけを、
買いましたが、それでも損をしています。

ううむ。辛い(泣)

◆  ◆  ◆

僕らには生まれながら、
「損をするのが大嫌いだ!」
という本能があります。

だから、

少しでも損をすると、
気分が悪くなりますよね。

たとえ結果が同じでも、
「損をする」過程があるだけで、
精神的には耐え難いんですよ。

たとえば、極端な例ですが、

単に「100万円を儲ける」のと、

「いちど1億円を儲けたあと、
9900万円を失う」のとでは、

天と地ほどの違いがあります。

前者はきっと、
「やった!100万円も儲けた!」
と喜ぶような事案です。

でも後者は、
「9900万円も失った…死にたい…」
と絶望するような事案です。

どちらも、結果は同じにも関わらず…です。

◆  ◆  ◆

「相場が下がれば株では損をする」

当たり前のことだし、
頭では分かっているのですが…。

頭で分かっていても、
実際にそうなると辛いものです。

「頭では分かるけど、心がついてこない」とは、
まさにこのことでしょう。

でも、だからこそ。

「心がついてこない」からこそ、
株式投資には旨みがあるのも事実です。

なんどかYouTube Liveでお話ししていますが、
そもそも株式投資は「しんどいもの」なんです。

そりゃあそのはずで、

「楽しい」代物なら、
サッカーなどのスポーツ競技のように、
めちゃくちゃ倍率が高くなりますからね。

お金は得てして、
「誰もやりたくないことをやってくれる人」
の所に集まるモンです。

株式投資もそれと同じです。

こういう辛い時期を耐え抜かなきゃ、
美味しい思いはできないんですよね…。

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/9:1001万6469円
7/10:999万8769円(前日比▲1万7700円)