From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

小型株が下がりました。

先月末から強かった分、
反動がスゴイですね…。

昨日も宣言したとおり、
僕は寄り付きで大半の株を売りました。

少々、ダメージを受けましたが、
なんとか軽傷で済みました(汗)

これは個人的な経験則なのですが、
「相場が大きく動くとき」ほど、
儲けやすい気がします。

なぜかというと、
「素直に相場の動きを追いかけるだけで、
利益につながることが多い」からです。

たとえば、

先月末から始まった大相場の場合、
「相場が騰がる」→「追いかけて買う」
「相場が下がる」→「追いかけて売る」
と取引するだけで、そこそこ利幅を取れます。

実は、5月のときもそうで、
「相場が下がる」→「持ち株を売る」
「相場が騰がる」→「株を買い直す」
と取引するだけで、かなり損を避けられました。

5月の「一辺倒な相場下落」や、
7月の「一辺倒な相場上昇」は、

僕にとってはボーナスタイムみたいです…。

ちなみに、あなたは、
「どんな相場が来た時」に、
利益を伸ばせますか?

◆  ◆  ◆

僕自身、得意・不得意な相場は、
明確に意識するようにしています。

僕は今年に入ってから、
月30万円ほどお金を増やしています。

「自分の得意・不得意を知る」ことは、
着実にお金を増やすために不可欠な極意です。

僕らが考えている以上に、
「どんな相場が来ると利益を出せるか?」
という質問の答えは重要です。

この質問の答えが分からないと、
「なぜ自分が利益を出せるか分からない」
と言っているも同然だからです。

ちょっと想像してみて欲しいのですが、

友人があなたに、
「お金を貸して欲しい」
と頼んできたところを想像してみて下さい。

そこであなたが、
「どうやって返してくれるの?」
と質問したとしましょう。

すると友人が、
「うーん、分からないや」
と回答しました。

こんな友人にお金を貸すのは、
とても愚かに思えますよね。

先ほどの、
「どんな相場が来ると利益を出せるのか」
という質問にも同じことが言えます。

僕ら投資家にとって一番キケンなのは、
「なぜかは分からないけどなんか利益が出た」
という環境です。

「なぜか分からないけど利益が出ている」
という投資家に、お金を預けたくはありません。

そう思いますよね?

でも、もし自分自身がそうだとしたら、
「ちゃらんぽらんな友人にお金を貸す」
のと同じくらい、危ないことをしています。

「なんか分からないけど稼げた」お金は、
再現しにくいうえ、なまじ稼げたので傲慢になりがち。

百害あって一利なしなんですよ…。

とにもかくにも、
根拠もなく自信を持つのはキケンです。

だから、

「自分はどんな相場が得意なのか?」
「利益を出せない苦手な相場はいつか?」

といったことを、常に自問自答するのが、
大事だと思うんですよね…。

特に大事なのが、
「不得意な時期を知る」ことです。

これを知らないと損を抑えられないうえ、
「自分は天才だ!」と勘違いしていまうからです。

ちなみに、

僕自身の得意相場は、
1〜2月、5月、7月のように、
株価が大きく波打って動く相場です。

逆に、苦手な相場は、
3〜4月、6月のように、
株価が小刻みに動く相場です。

相場が大きく動く時間は、
全体の2〜3割しかないので、

「基本は成績が伸び悩んで、
苦しい時期を過ごしている」
とも言えますね(苦笑)

あらためて、質問です。

あなたは、

どんな相場が得意ですか?
どんな相場が苦手ですか?

まさか、「分からない」なんて、
言いませんよね…?

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/8:1002万0935円
7/9:1001万6469円(前日比▲4466円)