From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

うぉお〜〜!!!(歓喜)

ついにやりました!
運用資金が1000万円を突破しました(嬉)

去年のクリスマスには、
820万円くらいまで減ったのに、
今年に入ってから好調です(嬉)

これからもドンドン、
お金を増やしていきたい…!

それと、

YouTubeチャンネルの、
チャンネル登録者が1万2000名を突破しました!

今週は嬉しいことが沢山ですなぁ(^^@

美味しいワイン(500円)を用意して、
盛大にお祝いせねば…!

◆  ◆  ◆

とはいえ、

浮かれている場合ではありません。

7月8日(月)の日本株市場は、
大型株・小型株まんべんなく、
全面安の1日となりました。

6月末から続いていた、
「ウハウハな大相場」も、
そろそろ終わりそうです。

後でもお話ししますが、

世界の株式市場には、
「夏の時期に株価が下がりやすい!」
という傾向がございます。

特に日本株ではこの傾向が強く、
7月〜8月は「夏枯れ相場」とも呼ばれます。

おそらくですが、

これからは、
「稼いだ利益がジワジワ減る」
苦しい時期に突入するでしょう。

資産が1000万円を突破して、
喜んでいた僕ですが、

たぶん近いうちに、
また1000万円を切ります(汗)

長く苦しい時期が続くでしょうから、
心の準備をしておきましょう…!

◆  ◆  ◆

僕ら投資家は欲張りなので、
6月末〜7月初めのような大相場を経験すると、

「もっともっとお金を稼ぎたい!」
「もっと大きなリスクを取ろう!」
と浮かれてしまいがちです。

でも、ちょっと待った。

たしかに含み益が出ていて、
気分がいのは分かります。

でも、

人生、山があれば谷もあります。
相場も同じで、騰がれば、下がるものです。

熟練の漁師は海が荒れそうになると、
漁へは出かけないものです。

無理をして漁へ行ったら、
荒波に飲まれて死んでしまう危険があるからです。

漁師が海の潮目を読むのと同じように、
僕ら投資家も相場のサイクルを読むべきです。

相場サイクル的には、
「下落しそうな怪しい局面」
に入ってきました。

これからは、
「リスクを取って大きく稼ぐ」ことよりも、
「リスクを抑えて損を抑える」ほうが、
成果につながりやすいと思いますよ。

「欲張れば報われる」時期は、
そろそろ終わったんじゃないかな。

詳しい理由については、
後ほどお話ししますね…。

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/4:997万7235円
7/8:1002万0935円
(2営業日で+4万3700円、前日比▲4万7700円)