From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

グフッ…。(暗黒微笑)

7/4も相場が騰がりました。

毎日のように騰がってくれるので、
僕らのおサイフはホクホクですなぁ。

去年のクリスマスには、
820万円だった運用資金が、
もうすぐ1000万円を超えそう。

いい感じでお金が増えていて、
「このために投資をやっているんだ…!」
と、嬉しい気分に浸ってしまいます。

いやぁ、しみじみするなぁ。

◆  ◆  ◆

僕ら投資家は欲張りです。

こうやってガッポリ儲ける経験をすると、
「気持ちよさ」が忘れられなくて、
病みつきになってしまうんです。

しかし、利益を出せる時期は、
全体で言えば短期間に過ぎません。

お金が増えていく時期を、
「当たり前だ!」と感じてしまうのは、
それはそれで問題です。

なぜなら、

今みたいに恵まれた市況で利益を出せるのは、
「退屈な時期を乗り越えた」から得られるものであり、
「含み損の苦しい時期を乗り切った」から得られるからです。

こういった今までの過程を無視してはいけません。

僕らが株式投資でお金を増やせるのは、
「つらい時期を頑張って耐え抜いたご褒美」
なんですよ。

「ラクして稼げた」なんて考えるのは筋違いです。

今みたいなチャンスは全体の2割くらいです。

6割くらいは「横ばいで退屈」な時期で、
残り2割は「含み損で苦しい」時期です。

残りの8割を「乗り切れた」人だけが、
7月のような旨みを堪能できるんじゃないでしょうか。

だから、

「今は調子が良い!ガッポリ稼げた!」と、
喜びたい気持ちも分かります。

でも、単に喜ぶのでは考えが浅い。

「よくこれまで投資を続けてきた!」
「退屈な時期・苦しい時期を、よく耐えきった!」と、
もっと自分を褒めてあげて良いと思うのです。

これまで自分が歩んできた道に、
祝杯を上げようではありませんか。

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/3:983万7435円
7/4:997万7235円(+13万9800円)