IQ上位2%の投資家、中原良太です。

7/3の日本株は反落しました。

7/1・7/2が強かっただけに、
今回の下落は仕方がないですね。

大きく下落したワケではないので、
「一時的な調整」と見るのが定石です。

とはいえ、不安材料もあります。

為替レートに目を向けると、
ジワジワと円高が進みました。

円高は株安につながるので、
「おいおい大丈夫かい…?」
と心配になる方もいるでしょう。

果たして、これからどうなるでしょう?

◆  ◆  ◆

昨日の予想では、
「いま買えば7/5(金)までは楽勝かも?」
という話をしました。

具体的な理由は3つ。列挙すると、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる!
(騰がっている限りは持ち続けるのが良い)

◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!
(FOMC2週間後から株価は騰がりやすい)

◯週の後半は平均よりも株価が5倍も騰がりやすい!

といった根拠をお話ししました。

以上を踏まえたうえで、
「7/5(金)までの週後半は騰がると期待できる!」
「今から株を買っても遅くないのでは?」
という話をしました。

そして今。7/3に株式市場が反落しました。

相場が失速してしまいましたが、
プランを変更すべきなのでしょうか。

これからの先行きが気になります…。

◆  ◆  ◆

今日の予想は昨日の続きです。

相場が下がると、
「もっと下落したらどうしよう…?」
と心配になるものです。

特に、7/1・7/2にたっぷり上がったので、
「はやく売らないと、利益がなくなっちゃうかも…?」
と考えると、利益確定したくなりますよね。

そんな中の中原の見解はこうです:

結論から言うと、
「相場が下がったけど今のところ問題なし!」
「まだまだ相場は騰がる!」
と考えています。

根拠は何と言っても上述した、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる
◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!
◯週の後半は平均時より株価が5倍も騰がりやすい!

という3つの根拠ですな。

これらの傾向はかなり強力なので、
「目先はまだまだ明るそう」と考えます。

不安材料があるとすれば、
「円高が進んでいるけど大丈夫?」
「7/3の相場下落をどう解釈する?」
という2点でしょう。

まず1点目の円高進行については、
「7/3の時点で概ね織り込んだ」
と考えておいて良さそう。

さらに円高が進めば話は別ですが、
大きく動かない限り「強気維持」で問題ないかと。

つぎに2点目の相場下落については、
「TOPIXが5日線を割れない限り強気維持」
と考えておいて良いと思います。

7/3の相場は「天井打ちしてしまった」というよりは、
「円高の逆風を吸収した割に強かった」と感じます。

「まだウハウハ相場は続いている!」と考えます。

僕自身、先週末に株を買いましたが、
まだまだ保有を継続して利益を伸ばすつもり。

それに、

日本株市場の場合は、
「7月と8月は超しんどい時期」
ということが知られてますので、

今回みたいな魅力的なボーナス相場は、
2019年夏で最後だと思っています。

せっかくのチャンスですから、
乗れるだけ波に乗っておきたい…!

もちろん、これはあくまで僕の見解。
決めるのはあなた自身です。

ただ言えるのは、

ここまで話したことは、
「膨大なデータによって実証されてきた」
科学的なお話しだということです。

これらの話に基づいて、
あなたはどうやって7月を乗り切りますか?

後悔のないよう、
たっぷり考えて決断してください^^@

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。