From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

7/3は反落しました。

7/1・7/2が強かっただけに、
さすがに3連続とはなりませんでしたね。

また、為替市場に目を向けると、
円高がジワジワと進んでいます。

「円高=株安」という、
マイナスの結びつきがあるので、
これから重しにならないと良いですね…。

嫌〜な雰囲気が出てきました。

さて、7/3の僕の運用成績ですが、
なんと大幅プラスでございました!(+7万円)

1週間分の給料よりも、
はるかに多い金額です。(嬉)

とはいえ、、、

利益を出せたのは嬉しいのですが、
利益が出た理由が分かりません。

喜んで良いのでしょうか…?

◆  ◆  ◆

僕ら投資家なら肌で感じることですが、
株取引には運がつきものです。

「たまたまラッキーだった」から、
利益を出せることもよくあります。

7/3の僕の運用成績が、
まさにそれに該当しました。

しかし、、、

「幸運」があるのと同じように、
「不運」もおとずれます。

僕は5月のときがそうだったのですが、
「業績ピカイチな株を買っても何故か暴落する」とか、
「たまたま買った株が大幅な下方修正を発表する」とか、
投資先に裏切られることは日常茶飯事です。

文字だけ読んでいると、
冷静に見えるかもしれません。

ですが実際は、

直撃を食らったときには、
心中は穏やかではありません。
(ブチィッ!と何かが切れる音が聞こえそうです)

だから、不運もこれから来ると思うと、
「理由が分からず利益を出せた」とき、
僕はあまり喜ぶべきでないように感じます。

そして、

「このお金は利益だ!」と考えるのではなく、
「不運が来たときにいずれ無くなるお金だ」と、
あたかも手元に無いかのように考えています。

そうしないと、

「ちょっとお金が増えたから」と、
心にスキが生まれてしまいそうなんです。

「自分は投資が上手い!」
「だからちょっと手を抜いても大丈夫だ!」
とか考えてしまいそうで怖いんです。

恥ずかしながら、僕は過去に何度も、
「自分はきっと投資の天才に違いない!」
と自惚れたことがあります。

こういううぬぼれに心が侵されると、
大体、近いうちに大ダメージを食らうんですよ…。

こうした経験も踏まえてみると、
「運も実力のうち」という諺もありますが、
株取引で「運も実力」と捉えるのは危ないと思うんです。

ちなみに、

7/3、あなたの運用成績は、
いかがでしたか?

7/3は相場が全体的に下落したので、
「損をして当たり前」の1日でした。

自分なりの基準に当てはめて、
「自分が上手くやれたか?」と、
振り返るのが大事ですよ。

– 中原良太

【これまでの資産変動】
7/2:976万7435円
7/2:983万7435円(+7万0000円)