IQ上位2%の投資家、中原良太です。

7/2も小型株がグングン騰がりました。
儲かった方、おめでとうございます!
(僕もホクホクです…!)

7/1に引き続いて、
7/2も強かったですね。

とはいえ、こんだけ調子が良いと、
「この状況は、いつまで続くんだろう…?」
と、半信半疑になってしまいますね。

僕ら投資家は利益確定が大好きなので、
「はやく利益を確定させて安心したい!」
という気持ちの方も多いことでしょう(笑)

果たして、これからどうなるでしょう?

◆  ◆  ◆

昨日の予想では、
「7/9(火)まではウハウハだと思うぞ!」
という話をしました。

具体的な理由は3つ。列挙すると、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる!
(騰がっている限りは持ち続けるのが良い)

◯新月近辺(7/3から1週間くらい)は株価が騰がりやすい!
(オカルトっぽいけど、ちゃんと裏付けはあります)

◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!
(FOMC2週間後から株価は騰がりやすい)

といった根拠をお話ししました。

以上を踏まえたうえで、
「7/9(火)まではウハウハだと思うぞ!」
「今から株を買っても遅くないのでは?」
という話をしました。

そして今。7/2には、
予想が2日連続でクリーンヒットしました。

ここまで期待どおりの展開。
これからどうすべきでしょうか?

◆  ◆  ◆

今日の予想は昨日の続きです。

これだけ相場が騰がると、
「この状況は、いつまで続くんだろう…?」
と不安な気持ちが出てくるところ。

「せっかく上手く株を買えたのだから、
こんどは上手く株を売らなきゃ!」
と感じますよね。

まず結論から言うと、
「今から買っても遅くない!」
「まだまだ相場は騰がる!」
と中原は考えています。

根拠は何と言っても上述した、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる
◯新月近辺(7/3から1週間くらい)は株価が騰がりやすい!
◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!

という3つの根拠ですな。

これらの傾向はかなり強力なので、
「目先はまだまだ明るそう」と考えます。

さらに追い打ちをかける材料としては、
「週の後半は株価が騰がりやすいぞ!」
という傾向も確認されています。

経済学者のケネス・フレンチ教授の調査によると、
「週後半は平均と比べて株価が5倍も騰がった!」
なんて衝撃的なデータもあるくらいです。※

※論文:Stock returns and the weekend effect

とうぜん、投資に100%は無いので、
「確実に儲かる!」という保証はありません。

とはいえ、裏付けとなるデータも多いので、
「いま株を買えば7/5(金)までは楽勝かも?」
なんて期待を募らせています。

7/1〜7/2と、相場が大きくが騰がりましたが、
今から株を買うのでも遅くないと思います。

僕自身、先週末に株を買いましたが、
まだまだ保有を継続して利益を伸ばすつもり。

日本株市場の場合は、
「7月と8月は超しんどい時期」
ということが知られてますので、

今回みたいな魅力的なチャンスは、
2019年夏で最後だと思っています。

せっかくのチャンスですから、
乗っておかなきゃ損かも?

もちろん、これはあくまで僕の見解。
決めるのはあなた自身です。

ただ言えるのは、

ここまで話したことは、
「膨大なデータによって実証されてきた」
科学的なお話しだということです。

これらの話に基づいて、
あなたはどうやって7月を乗り切りますか?

後悔のないよう、
たっぷり考えて決断してください^^@

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。