From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

7/1に引き続き、
7/2も大幅高でした。

規模別指数の動きを見ると、

7/2の前日比は、
大型株指数:+0.17%
中型株指数:+0.46%
小型株指数:+0.69%
と、小型株ほど盛況でした。

やはり大幅高の翌日は、
小型株市場が盛況ですね。

月末のうちにたっぷりと、
小型株を買っておいて良かった(嬉)

これだけ相場が騰がってくれると、
サイフもホクホクで上機嫌です^^@

◆  ◆  ◆

昨日のYouTube生放送で、
「納得できるくらい大儲けデキましたか?
(TOPIXと比べてどうでしたか?)」
と質問をしてみたところ、

リスナーさんの運用成績は、

どちらかと言うと、
「儲かったことは儲かったけど、
成績そのものに満足はできない!」
という回答が目立ちました。

僕もリスナーさんと同様、
「利益は出せたけどあまり儲からなかった…微妙…」
と感じていた一人でございます。

とはいえ、むやみに悲観する必要はありません。

もちろん、

「TOPIXを上回るのが大事!」とか、
「手間をかけてるんだからその分、儲けよう!」とか、
こういった言い分は正論です。(激しく同意します)

しかし、それ以上に大事なこととして、
「計画した通りの成績だったか?」
という点があるんです。

それこそ、
「ガッポリ儲けるつもりで株を買った」場合と、
「多少、保険を張りつつ株を買った」場合とで、
得られる結果も大きく違います。

たとえば、

いつもお話ししているとおり、
僕の性格はチキンです。

だから、

株を買うときにも、
「全力で小型株を買う!」
なんて言いながら、

保険をかけています^^;

それこそ、6月末に全力で小型株を買いましたが、
「半分は景気敏感株を買う」(相場が上がったらボロ儲け)
「半分はディフェンシブ株を買う」(相場が下がったら手堅い)
といった具合に、半々にして買い付けていました。

このうち、

「景気敏感株」はボロ儲けできました。
「ディフェンシブ株」は多少出遅れました。

トータルで見ると、
「若干、出遅れたなぁ…」
という成績でした。

こんな具合に「計画ありき」で株を買っているので、
「計画どおり」なら満足すべきだよなぁと思うんです。

「計画が裏切られた!」というのなら、
それは詰めが甘いので大いに反省すべきですが、

今回は「概ね計画どおりの運用成績」だったので、
「出遅れたのは悔しいけど、計画通りなら仕方がない」と、
割り切って考えるのが無難かと思います。

ちなみに、、、

あなたは、どんな計画で月末を乗り切りましたか?
運用成績は、計画通りだったでしょうか?

損益を気にすることも大事ですが、
「無計画なまぐれ」で儲けても再現できません。

大事なのは「計画」なので、
計画の良し悪しを反省するのが、
成長への近道だと思います…。

【これまでの資産変動】
7/1:965万9035円
7/2:976万7435円(+10万8400円)

バーゲンセール!? 僕も買った2倍期待株

昨日に引き続いて、
僕がこないだ買った株を紹介します。

まだまだ割安だし絶好調なので、
「ガッポリ儲けたい!」という、
欲張りな方にオススメです。

これから紹介するのは、
「プラチナ」の加工を得意とする、
金属加工を手がける会社です。

(ぜひ、銘柄コードを予想しながら、
クイズ形式で読み進めていってください)

同社は5/9に第3四半期決算を発表。

第3四半期決算は経常益が56%も増益しており、
通期計画に対する進捗率も高め。

「思った以上に儲かっている」
という印象を受けました。

また、同社は2月に大幅な上方修正を発表しており、
9期ぶりに最高益を更新する見通しです。

業績が好調な背景としては、
「貴金属化合物の受注が好調」で、
予測を上回るペースだったみたい。

僕らのお金も、同社の業績くらい着実に、
増えてくれたら嬉しいのですが…(羨)

同社の特筆すべきポイントは、
「めちゃんこ株価が安い!」
という点でございます。

同社株は業績がピカイチなのに、
5月に株価が20%も急落しました。

同社株の予想PERは約7倍。
割安水準と言われる「15倍」と比べて、
半分以下の水準にあります。

予想PERが低い会社は、
「目先5年は騰がりやすい!」
というデータもございます。※

※論文:Value and Growth Investing: Review and Update

業種平均との兼ね合いもあるので、
なんともな状況ですが、

理論上で言えば、
「株価2倍も期待できる」
割安株だと思います。

短期でドカン!と儲かる感じはしませんが、
中長期でジワジワと騰がってきそう。

…ということで、

今回ご紹介する銘柄はコチラ:

◯フルヤ金属<7826>

同社のような割安な小型株は、

「損をしたくないけど、
たくさん利益を出したい!」
と考えている、

僕みたいなチキンなのに、
欲張りな方にオススメです。

ちなみに僕はこの株を先月末に売りました。
他の銘柄に浮気しております。。。
(きっと、すぐに騰がるんだろうな…)

ぜひ、ウォッチリストに入れておきましょう!

相場が騰がっている今みたいな時期こそ、
利益が期待できそうですなぁ(ワクワク)

良い仕込みどきが来れば、
僕も買い戻そうかな…。

株、FX、仮想通貨…どれがベスト?

あれこれ勉強しているうちに情報の渦に飲まれ、
何が何だかわからなくなった投資家からの相談を、
インターネットで見つけました:

====================
お金を増やしたいです。

株式、不動産、FX、仮想通貨…、
インターネットで検索をすると、
いろんなサイトが出てきました。

出てきたサイトを読んでみると、
株式のサイトでは「FXは危険だ!」とあり、
FXのサイトでは「株式は危険だ!」とあり、
シッチャカメッチャカで混乱しています。

本当のところ、何がベストなのでしょう?

あと、「私はこうして儲けた」系の本がありますが、
そういう本に書かれた内容はウソなのでしょうか?
鵜呑みにしても大丈夫なのでしょうか?

なんだか人間不信になりそうです。
自信が持てません。助けてください。

※脚色・編集を含みます
====================

中原からの回答:

世の中はとても手軽になりました。

昔だったら紙の本を何冊も買ったり、
図書館に籠もって調べなきゃいけないことも、

今はグーグルで検索するだけで、
ゴマンと情報が手に入ります。

かくいう僕も、

便利な世の中になったので、
「Googleさえあれば人生楽勝だ!」
と感じたことがあります。

でも、実際に使ってみると難しい。

出所不詳の怪しい情報も多いし、
胡散臭いサイトばかりです。

かくいう僕自身、

インターネットで調べ物をするときは、
たいてい「疑心暗鬼」になっています…。

なぜかというと、

どんなサイトでも著者が、
「ポジショントーク(自分に有利な話をする)」
をかましているばかりで、

情報を調べれば調べるほど、
何が何だか分からなくなるんです。

それこそ、質問者さんのように、
「株こそが最強の投資だ!」という人もいれば、
「ビットコインこそが最強の投資だ!」という人もいて、
何が何やら訳がわからないわけですよ。

それに、本当だか嘘だかわからない、
「私は成功者です」的なサイトも多く、
詐欺も横行しているようです。

資産運用において、
「本当に正しい情報」って、
一体、何なんでしょうね…?

◆  ◆  ◆

そんな質問者さんへ、
僕から言えることは1つ。

それは、
「お金が増える仕組みを知るべし!」
ということです。

お金が増える仕組みさえ分かれば、
投資商品選びで苦労することもなくなります。

資産運用の世界スタンダードは、
投資でお金を増やす方法は2つです。

それは、
「投資収益(リスクテイク)+投機収益(先読み)」
の2つです。

「投資収益(リスクテイク)」でお金を増やすには、

○株式投資(ETF)
○不動産投資(REIT)
○債券投資(T-Bill)

の3つが主な方法です。

投資収益(リスクテイク)による利益は、
「プラスサムゲーム」と呼ばれ、
誰でも手に入れることができます。

一方、「投機収益(先読み)」でお金を増やすには、

○投資商品全般(FX、仮想通貨、純金積立など)

の全てが対象になります。

投機収益(先読み)による利益は、
「マイナスサムゲーム」と呼ばれ、
弱肉強食の世界です。

要は「勝てる人は少数だけ」ってことです。
たぶん、勝てる人は1割も居ない位だと思います。
(指数に勝てる所はファンドですら1割未満なので)

いわゆる、
「FX」「仮想通貨」「純金積立」は
「投機(先読み)」に該当します。

(投資上級者にとっては常識です)

だから、

「初心者でも稼げる!」のは、
株、不動産、債券くらいでしょうな。
(できれば積み立て投資がベストかと)

一方、

「FXは良いよ~!」と言っている人の多くは、
アフィリエイト目的のブロガーだったり、
カモを狙う玄人だったりします。

だから、あまり参考にしない方が良いかと。

判断に迷ったときは、
「この運用法は、投資収益と投機収益、
どちらを稼ぐタイプなのだろうか?」
と考えてみると良いでしょう。

ちなみに僕は、
「弱肉強食」で言えば、
「肉」になりそうな人間なので、

誰でも利益を狙える、
「投資収益(リスクテイク)」
を主な収益源としています。

おまけや自分磨きの一環として、
「投機収益(先読み)」もやってます。
(割合でいうと全体の半分くらいです)

あなたは投資収益と投機収益、
どちらを狙いますか?(両方でも可)

これはとても大事な分かれ道です。
たっぷり時間をかけて決めて下さいね…。

いま株を買えば7/5(金)まで楽勝か?

7/2も小型株がグングン騰がりました。
儲かった方、おめでとうございます!
(僕もホクホクです…!)

7/1に引き続いて、
7/2も強かったですね。

とはいえ、こんだけ調子が良いと、
「この状況は、いつまで続くんだろう…?」
と、半信半疑になってしまいますね。

僕ら投資家は利益確定が大好きなので、
「はやく利益を確定させて安心したい!」
という気持ちの方も多いことでしょう(笑)

果たして、これからどうなるでしょう?

◆  ◆  ◆

昨日の予想では、
「7/9(火)まではウハウハだと思うぞ!」
という話をしました。

具体的な理由は3つ。列挙すると、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる!
(騰がっている限りは持ち続けるのが良い)

◯新月近辺(7/3から1週間くらい)は株価が騰がりやすい!
(オカルトっぽいけど、ちゃんと裏付けはあります)

◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!
(FOMC2週間後から株価は騰がりやすい)

といった根拠をお話ししました。

以上を踏まえたうえで、
「7/9(火)まではウハウハだと思うぞ!」
「今から株を買っても遅くないのでは?」
という話をしました。

そして今。7/2には、
予想が2日連続でクリーンヒットしました。

ここまで期待どおりの展開。
これからどうすべきでしょうか?

◆  ◆  ◆

今日の予想は昨日の続きです。

これだけ相場が騰がると、
「この状況は、いつまで続くんだろう…?」
と不安な気持ちが出てくるところ。

「せっかく上手く株を買えたのだから、
こんどは上手く株を売らなきゃ!」
と感じますよね。

まず結論から言うと、
「今から買っても遅くない!」
「まだまだ相場は騰がる!」
と中原は考えています。

根拠は何と言っても上述した、

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる
◯新月近辺(7/3から1週間くらい)は株価が騰がりやすい!
◯FOMCサイクル的に7/2(火)〜7/9(火)が買い時!

という3つの根拠ですな。

これらの傾向はかなり強力なので、
「目先はまだまだ明るそう」と考えます。

さらに追い打ちをかける材料としては、
「週の後半は株価が騰がりやすいぞ!」
という傾向も確認されています。

経済学者のケネス・フレンチ教授の調査によると、
「週後半は平均と比べて株価が5倍も騰がった!」
なんて衝撃的なデータもあるくらいです。※

※論文:Stock returns and the weekend effect

とうぜん、投資に100%は無いので、
「確実に儲かる!」という保証はありません。

とはいえ、裏付けとなるデータも多いので、
「いま株を買えば7/5(金)までは楽勝かも?」
なんて期待を募らせています。

7/1〜7/2と、相場が大きくが騰がりましたが、
今から株を買うのでも遅くないと思います。

僕自身、先週末に株を買いましたが、
まだまだ保有を継続して利益を伸ばすつもり。

日本株市場の場合は、
「7月と8月は超しんどい時期」
ということが知られてますので、

今回みたいな魅力的なチャンスは、
2019年夏で最後だと思っています。

せっかくのチャンスですから、
乗っておかなきゃ損かも?

もちろん、これはあくまで僕の見解。
決めるのはあなた自身です。

ただ言えるのは、

ここまで話したことは、
「膨大なデータによって実証されてきた」
科学的なお話しだということです。

これらの話に基づいて、
あなたはどうやって7月を乗り切りますか?

後悔のないよう、
たっぷり考えて決断してください^^@

– 中原良太