IQ上位2%の投資家、中原良太です。

7/1はウハウハな1日でした。
やはり月末月初は小型株が強いっすね…。

先週のうちに株を買った人は、
「思わずニヤけてしまうくらい」
利益を出せたのでは?

かくいう僕も、

やや出遅れはしましたが、
ちゃっかり稼げました(嬉)

一方、

株を持っていなかった人からすれば、
7/1の大幅高は悔しい展開でしたね。

「株を買っておけば良かった!(悔)」
と後悔している方も多いでしょう。

そこで気になるのが、

「これから株を買っても儲かるのか?」
「いまから手を出しても平気なのか?」
といった点だと思います。

果たして、これからどうなるでしょう?

◆  ◆  ◆

先週の予想では、
「6/28が今夏最後の買い時だと思うぞ!」
という話をしました。

具体的な理由は2つ。列挙すると、

◯月末は小型株が騰がりやすい

◯小型株は騰がり始めると一気に騰がる
(買うなら騰がり始めてから買うのが良い)

といった根拠をお話ししました。

以上を踏まえたうえで、
「相場の勢いがある6/28(金)に、
株を買うと利益を出せそうだぞ〜!」
という話をしました。

そして今。7/1には、
予想がクリーンヒットしました。

ここまで期待どおりの展開。
これからどうすべきでしょうか?

◆  ◆  ◆

今日の予想は昨日の続きです。

これだけ相場が騰がると、
「今からでも買った方が良いのかな…?」
「でも、高値づかみになりそうでこわい…!」
と、悩みが絶えません。

結論から言うと、
「今から買っても遅くないぞ!」
と中原は考えています。

世界の株式市場全体の傾向として、
「相場が騰がり始めると続伸しやすい」
ことが確認されています。

この現象は「時系列モメンタム」と呼ばれ、
特に日本株の場合、小型株ほど傾向が強いです。

だから、

7/1に相場が騰がった今こそ、
「ガンガン攻めて利益を狙う時!」
と言えるでしょう。

また、ややオカルトチックなデータとして、
1973年〜2001年の28年分の株価データを、
48カ国分も集計して得られた調査に、

「新月の近辺では株価が騰がりやすいぞ!」
なんてデータもございます。※

※論文:Are investors moonstruck? Lunar phases and stock returns

ちなみに、次に新月が来るのは、
「7/3(水)」ですので、しばらくは、
株価が騰がりそうですなぁ(笑)

とはいえ、

「そんなオカルト信じられるか!」
という方もいるでしょうから、

もう1個良さげなデータを挙げると、
「FOMC後の第2週目は株価が騰がりやすい!」
というデータもございます。※

※論文:Stock Returns Over the FOMC Cycle

FOMCサイクルで考えると、
「7/2(火)〜7/9(火)」の1週間は、
株価が騰がりやすいと期待できます。

このあたりの時期も、
相場上昇に期待できそう。

以上2点も踏まえて、
「7/9(火)まではウハウハか?」
なんて期待しています。

今から株を買うのでも、
遅くないと思います。

僕自身、先週末に株を買いましたが、
まだまだ保有を継続して利益を伸ばしたいところ。

なお、

日本株市場の場合は、
「7月と8月は超しんどい時期」
ということが知られてまして。

今年も例に漏れないと考えます。

そう考えると、

今回みたいな魅力的なチャンスは、
2019年夏で最後だと思うんですよ。

せっかくのチャンスですから、
乗っておかなきゃ損と考えます。

もちろん、これはあくまで僕の見解。
決めるのはあなた自身です。

ただ言えるのは、

ここまで話したことは、
「膨大なデータによって実証されてきた」
科学的なお話しだということです。

これらの話に基づいて、
あなたはどうやって7月を乗り切りますか?

後悔のないよう、
たっぷり考えて決断してください^^@

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。