From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

クリーンヒット!
週末に株を買って良かった(嬉)

7/1の日本株市場は、
33業種全てが上昇。

85%ほどの銘柄が、
値上がりした1日でした。

これだけスカッと騰がると、
気持ちよく利益を出せますなぁ。

僕自身、5月〜6月は、
鳴かず飛ばずの2カ月でしたが、

久々にまともな利益を、
出せた気がします…(嬉)

◆  ◆  ◆

とはいえ、

浮かれている場合ではありません。

もしかすると僕らは、

「利益を出しているつもり」なだけで、
「実際は出遅れている」かもしれないからです。

何を言いたいのかというと、

「相場が騰がったときは、
成績がプラスなのは当たり前」
ということです。

そして、さらに重要なのは、

「相場と比べて自分がどれだけ稼いだか?」という点です。

7/1の日本株市場は、

大型株指数が+2.06%、
中型株指数が+2.26%、
小型株指数が+2.57%でした。

つまり、

「投資信託を買って放置するだけで、
勝手に2%は増えていた」ということ。

ですが、

僕らは時間をかけて、株を分析し、
取引タイミングを考えています。

それだけ手間をかけているので、

「放置しているだけで2%儲けた」人よりも、
もっと沢山儲けないと手間をかけて意味がありません。

その点、

僕は利益を出せていますが、
正直、失敗しています(泣)

なぜかというと、

7/1に小型株指数が2.5%騰がったのに、
僕の利益は、2%に留まったからです。

「小型株を買って放置しているだけ」の投資家に、
0.5%も負けています。(手間をかけたのに…!)

◆  ◆  ◆

相場が騰がって利益が出ると、
「うぉっしゃ〜!!!」
と嬉しくなるものです。

しかし、

相場が騰がったということは、
「手間をかけて無い人たちも儲かっている」
ということです。

手間をかけている僕らとしては、
「相場よりも早く利益を出す!」
ことを目指すべきでしょう?

(市場以下で満足するくらいならば、
積み立て投資して放置した方がマシです)

相場が騰がったときには、
「儲かるのが当たり前」です。

あくまでこの利益は、
「環境のおかげ」で儲かっただけで、
「自分の実力で」儲かったとは、
勘違いしない方が良いです。

「素直に利益」を喜ぶのも良いですが、
「今回は運が良かったのだろう」と、
謙虚に受け止める姿勢も大事です。

「環境」と「実力」を勘違いすると、
のちのち痛い目に遭います。

だから、

僕個人としては、
「儲かって嬉しい!」
という気持ちもありつつ、

同時に、
「手間をかけた割に微妙だなぁ…」と、
出遅れてしまったことを猛反省しています。

「プラスかマイナスか」も大切ですが、

それと同じくらい、
「市場を出し抜けたか」
「市場に出遅れましたか」
も大事です。

ちなみに7/1、あなたは、
どんな運用成績でしたか?

– 中原良太

【これまでの資産変動】
6/27:947万5195円
7/1:965万9035円(+18万3840円)