From: 中原良太
ソファでウトウトしながら、、、

はぁ。日曜日だ。
休みが終わってしまう。

明日は月曜日だ。
働かなきゃいけない。
いやだなぁ…。

◆  ◆  ◆

あれ?

よくよく考えると、
毎週、同じことを繰り返している気がする。

月曜日になると、
「月曜日が来てしまった…!」
「仕事の1週間が始まる…!」
と絶望して、

火曜日が来ると、
「まだあと4日間もある…!」
「1週間が長すぎて辛い…!」
と落胆して、

水曜日が来ると、
「あと半分で1週間を乗り切れる…!」
「土日に残業を残さないために頑張ろう…!」
と奮起しはじめ、

木曜日が来ると、
「あと2日で休みだ…!」
「ラストスパートで頑張るぜ…!」
とやる気がみなぎり、

金曜日が来ると、
「今日さえ終われば明日から休みだ!」
「早く就業時間が終わらないかな…?」
と時計をチラチラ確認しはじめ、

土曜日が来ると、
「ウッッホホオオオオイイイ!!!」
「今日は1日中ゆっくりしよう!!!」
とハイテンションで怠けはじめ、

日曜日が来ると、
午前は「今日も楽しむぞ〜!」
午後は「もうすぐ月曜が来てしまう…!」
と、躁うつ病っぽい挙動が目立ちはじめ、

そして月曜日がくると(以下略)

◆  ◆  ◆

よくよく考えてみると、
こんな1週間を毎週過ごしています。

小学生・中学生・高校生とか、
学生の頃は「こんなもんか」と思っていたけど、

30歳手前になっても、
変わっていないのだから恐ろしい。

僕らの感情の起伏は、

週の前半「1週間が始まってしまった…!(暗)」
週の後半「1週間がもうすぐ終わる…!(明)」と、

1週間サイクルで巡っているようです(笑)

◆  ◆  ◆

僕らの感情が1週間サイクルで巡るように、
株式市場の株価も1週間サイクルで巡ることをご存じですか?

実は、1週間の株価の動きを、
大量に集計してみたけっか、

「週の前半、相場は下がりやすい!」
「週の後半、相場は騰がりやすい!」
という傾向が確認されたんです。

僕らの感情の起伏とそっくりですね。

…というか、

「僕らの感情に起伏があるから」こそ、
「株式市場も1週間サイクル」で動くのでしょうな。

実際、

「祝日前は投資家のテンションが上がるから、
株式市場も盛り上がりやすいぞ〜!」
なんて仮説もあるぐらいです。

何気なく過ごしている感情の起伏でも、
「株価の上昇/下落」を予測材料になります。

「自分の気分はどんなときに盛り上がるか?」
「自分の気分はどんなときに盛り下がるか?」

こういう点を意識してみると、
株のチャンスが見えてきます。

面白いもんですなぁ。

– 中原良太

PS

「週の前半、相場は下がりやすい!」
「週の後半、相場は騰がりやすい!」
という話をしましたが、

実は、
「株価が5倍も騰がりやすい曜日」
「株価が10倍も下がりやすい曜日」
も確認されております。

この現象は米国株と日本株の両方で、
50年ほど前から確認されています。

このタイミングに株を売買すれば、
上手にお金を増やすことができそう。

参考までに、
「【株が5倍騰がる】最強の曜日」
を解説したYouTube動画を撮りました。

僕もたまに使っている手法です。
おかげさまで、今年の成績は上々ですw

ぜひご覧くださいませ〜。