From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

復活しました!

のど風邪を引いていました。
相場予想をサボってしまい、すみません。

先週末の時点では、
「月末は株価が上がりやすいから、
そんなに心配しなくて良いのでは?」
なんて話をしていましたが、

僕が風邪を引いている間に、
相場の雰囲気が悪くなりましたね…。

今週、日本株式市場は、
全体的に下落しています。

含み損も増えてきました。

米国株の上昇もストップしたし、
為替もグイグイ円高が進んでいます。
イラク情勢も不安定に見えます。

悪材料だらけなので、

「おいおい、大丈夫かよ…?」と、
心配になってきますね…。

◆  ◆  ◆

心配な気持ちを抱いたまま株を取引しても、
上手に運用できません。

世界最大級のファンド、
「バンガード・グループ」の創設者、
ジョン・ボーグル氏は、

投資の失敗につながる考え方を、
「4つのE」に分かりやすくまとめました。

「4つのE」は下記のとおり:

株式(Equity)投資の最大の敵(Enemies)は、
費用(Expenses)と感情(Emotion)である。

僕らは、

「費用(Expenses)を減らす」ことと、
「感情(Emotion)に振り回されない」ことの、
両方に気を配る必要があります。

この2つが「鉄の掟」です。

特に厄介なのは、
「恐怖の感情」です。

僕ら投資家は2つの恐怖によって、
大きく振り回されています。

1つ目の恐怖は、
「損をしそうで怖い!」
という恐怖です。

いまみたいに相場が下落すると、
頭が恐怖に支配されてしまって、
冷静な判断ができなくなります。
(僕もよくあります…)

2つ目の恐怖は、
「チャンスを逃しそうで怖い!」
という恐怖です。

これは、欲望の最終形態です。

相場がグイグイ上がっていくと、
「自分だけ取り残されるのが嫌だ!」
「利益を逃すのが怖い!」
と感じるものです。

この恐怖が強まると、
いわゆる「高値づかみ」をして、
大きな損失につながってしまいます。
(これもよくやります…)

とにもかくにも、

「感情に振り回されると、
ロクなことがないぞ!」
ということですな。

◆  ◆  ◆

ちなみに。

僕が恐怖を感じたときに、
徹底していることが1つあります。

それは、

「感情よりもデータを信じること」です。

残念ながら、

僕らの感情は、
自分が考えている以上に、
アテになりません。

数多くの研究で、
「感情よりもデータの方が当たる!」
ことが実証されてきました。

僕らの感情は、
「株を買いたい!買いたい!」や、
「株を売りたい!売りたい!」のように、
いつも僕らを振り回します。

でも…

感情に従う必要はありません。

感情をコントロールすることはできなくても、
「感情を無視して行動すること」はできます。

「不安なときこそデータに頼る!」

この習慣を身につけることで、
かなり資産運用が上達すると思いますよ…!

ちなみに、、、

あなたは不安になったとき、
どんなデータを信じますか?

– 中原良太

【これまでの資産変動】
6/21:939万5613円
6/26:942万4046円(+2万8433円)