From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

6/20も全面高でした。
早速、僕は全力買いしました。

でも、、、

僕が買った株は、
軒並み反落したので、

ぜんぜん利益を出せません(涙)

こうやって相場が上がっていて、
「周りのみんなが儲かっている」のに、
自分だけ儲からない。

こんなに悔しいことはありません。

かれこれ10年以上、
株取引を続けていますが、

「損をすること」以上に、
「利益を出せないこと」の方が、
よっぽど悔しく感じます。

あなたはどうですか?

◆  ◆  ◆

株をやっている人の中には、
「1円でも儲かればそれで良し!」
「1円でも損すればそれはダメ!」
という方がいます。

たしかにね。

僕自身、

「お金を少しでも増やしたい!」
という気持ちで株取引を始めました。

だから、

たとえ自分がヘマをしていても、
「得をした」のであれば、
いい気分になれます。

それこそ、

「TOPIXが1カ月で5%騰がる!」みたいな、
大きなプラスがあったときとか。
(2019年1月がそうでした)

多少、出遅れて3%しか儲からなくても、
「まぁ、プラスだから良いかw」
と考えてしまう気持ちがあります。

でもね。

「利益を出したか/損失を出したか」
という絶対評価も大事ですが、

それ以上に、
「TOPIXと比べて良かったか/悪かったか」
という相対評価も同じくらい大事だと思うのです。

絶対評価が良くても、
相対評価が悪ければ、

「上手に取引している」
とは言えません。

たとえば、

毎月、TOPIX連動型の投信に、
コツコツ積立投資しているとして、

「放ったらかしでも5%増えた」月に、
「頑張って取引しても4%しか増えなかった」なら、

それって、手間をかけただけ無駄じゃないですか?
というか、むしろ手間をかけない方が良かったですよね。
(だって、手間をかけないほうがお金を増やせたのだから)

何を言いたいのかというと、

「プラスか/マイナスか」
という絶対評価では、

自分の本当の実力は、
見えてこないと思うのです。

それこそ、

陸上競技をするとき、
順位を決めるには、

ランナーは「同時に」走らせて、タイムを比べますよね?
「1人ずつ順番に」は走らせて、タイムを比べませんよね?

なぜなら、「相対評価」をしたいから。

1人1人を別々に走らせたら、
「風」の影響で相対評価ができませんので。

株取引もこれと同じで、

「プラスか/マイナスか」
は精神衛生的には重要ですが、

「周りよりも稼げたか/稼げなかったか」
は、実力を正確に測るために重要です。

だからね。。。

「みんなが儲かっているのに、
自分が儲からなかったのは悔しい!」

こう言える投資家こそ、
正しい反応をしていると思うのです。

「1円でも儲かれば良い」と、
こういっているようだと、

相場が下がり始めてから、
かなーり苦労すると思うのですよ…。

そして、、、

ここ最近の僕は、
「周りより出遅れて」
いるところです。

大いに反省しなきゃなぁ…。

ちなみに、

あなたの成績は、
どんな感じですか?

TOPIXは6月に3%上がりました。

これよりも儲かっていなければ、
かなーり出遅れていますよ。

– 中原良太

【本日の資産変動】
6/19:946万6508円
6/20:944万4613円(▲1万6895円)