IQ上位2%の投資家、中原良太です。

小型株がめちゃ弱い。
損が膨らんで辛い…(涙目)

こうやって相場が下がると、
「自分の株もそろそろ危ないかな…?」
と不安になるものです。

株を買ったばかりのときは自信満々で、
「うひょ〜!明日が楽しみだぁ〜!」
なんて感じるんですが、

いざ、時間が経ってみて、
相場の雰囲気が悪くなると、

「何かがおかしいぞ…?」
「もしや、間違ったか…?」
なんて不安になりますよね。

これからの日本株市場は、
どう動くのでしょうか…?

◆  ◆  ◆

昨日の予想では、
「今週は強気で行くぞ〜!」
という話をしました。

具体的な理由は3つ。列挙すると、

◯第3週(米国オプション期限のある週)は、
大型株が上がりやすい傾向が確認されている

◯FOMCを起点とした0,2,4,6週目は騰がりやすい
6/11〜6/18は6週目、6/18〜6/25は0週目に該当する

◯日本株が強くなってくると、小型株が特に騰がりやすい

といった根拠があります。

以上を踏まえたうえで、
「大型株も小型株もまだまだ上がると思う!」
というお話しをしました。

そして、いまのところ…
予想は完全にはずれています(泣)

◆  ◆  ◆

今日は昨日の続きです。

「日本株下がってるけど、平気かいな?」
と、不安に感じている方も多いでしょう。

僕の予想は、
「基本、買い有利!」
と考えていますが、

「全力で株を買うのは少し危険かな?」
と考え始めました。

というのも、株式市場には、
「いちど下落を始めると、引きずりやすい!」
という傾向があるからです。

この現象は世界的に確認されていて、
専門用語では「モメンタム」と呼ばれています。

それもあり、
「少し現金の比率を高めた方が良いかも…?」
という姿勢でいます。

特に注意が必要なのは、
「小型株をたっぷり持っている」
人だと考えています。

というのも、

相場が下がっているときって、
「小型株ほど大きくやられる」
というリスクがあるからなんです。

それこそ、

2018年は日本株全体が下がりましたが、

TOPIXの下落幅が18%だったのに対して、
東証小型株指数は22%下落しました。

「下落相場=小型株ほど危ない!」ので、
大型株に乗り換えるか現金にするか、
いずれかの対応を取った方が無難かと。

僕自身、

先週の時点から、
「株3:現金7」
くらいの割合で投資しています。

相場が好転しない限りは、
この比率を続ける予定です。

「相場が騰がりやすい時期だ!」
という意見には変わりありません。

むしろ、相場が下落したことで、
「チャンス到来だ〜!」とすら考えています。

しかし、

いくら「チャンス」とはいえ、
無計画にリスクを取れば良いものでもない。

いかんせん小型株はリスクが大きいので、
たとえチャンスだとしても慎重に行きたい。

相場が反発してから買うのでも遅くないので、
僕はそのタイミングを狙っていきます。

こうやって相場が下がっていると、
「どうしよう!どうしよう!」
とあたふたしてしまうものです。

ですが、

あたふたしていても逆効果。
しっかりとした根拠に基づいて、
冷静に現実を見るのが大切です。

少なくとも本記事で紹介しているのは、
科学的根拠たっぷりの話ばかりです。

あなたの投資判断に役立てば、
とっても嬉しく思います^^@

6月19日、あなたはどう動きますか?

IQ上位2%の投資家、中原良太でした。