From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ぎゃあああ!!!

小型株の下落がひどいですね。
資産がみるみる減っていきます…。

先日からお話ししていますが、
「暦上・イベント的には騰がりやすい時期」
であることは間違いないのです。

勝率が100%じゃないのは分かっているし、
「裏目に出る」ってことも分かるのですが、
それでも損をするのはしんどい…(涙)

僕らは損が嫌いなので、
「判断が裏目に出ること」以上に、
「損をすること」の方が辛いです(汗)

それこそ、

「時給換算すると1週間分の給料」
「今週の労働が全てパァになった」
「先月増えたお金が3日で無くなった」
といったことを考えると、かなりヘコみます。

はあ〜。今日もまた、お金が減ってしまった…。

◆  ◆  ◆

嘆いていても未来は変わりません。
大事なのは行動を起こすことです。

損失を被ったとき、
ぼくは決まって投資の勉強をします。

さいきんのマイブームは、
「論文を読む」ことです。

Google Scholarや、
Science Directなどの、

論文検索サイトを使って、
「科学的に正しい投資法」を、
次から次へと調べていきます。

6月に入ってから、
すでに20本近く読みました。
投資本も、何冊か読みました。

株式投資をしていると、
少しヘマをしただけで、

数万円〜数十万円という大金が、
吹き飛んでいってしまいます。

だから、

吹き飛んでいってしまう前に、
「たっくさん勉強して予防する」
というのが大事だと思うんです。

2000円〜3000円で得られる学びで、
「数万円〜数十万円の損失を防げる!」
と考えたら、安い投資ですよね〜。

というか、

「たっくさん勉強している人」ですら、
けっこうな利益が吹き飛ぶので、

「勉強せずに怠けて過ごしていたら、
いったいどんだけ損をしてたんだろう?」
と考えると、怖くなります。

アメリカ建国の父の1人と称される、
ベンジャミン・フランクリンはこう言いました:

「教育は高くつくが、無知はもっと高くつく」
“The only thing more expensive than education is ignorance”

僕ら投資家はこの言葉を、
胸に刻み込んだ方が良いかと。

なぜなら、

株式投資ほど、
「無知が高くつく」分野は、
他にはそうそうないからです。

「損をしたら、いっそう勉強に励む」

株式投資で利益を残してきた投資家は、
全員が実践しているでしょうね。

「勉強なんて無意味だ!」と考えるようでは、
近いうちに、泥沼に堕ちてしまいます。

たまに、

「勉強する時間がない」
という方もいますが、

これはおかしい。
順序が逆です。

全てを自分一人の経験で学ぼうとすると、
人生がいくつあっても足りません。

「時間が無いからこそ」
僕らは勉強をして、他人の経験から学ぶのです。

やや極端な言い方をすると、

他人の本を1冊読めば、
「他人の人生1回分」の学びを、
得られるということです。

本や論文を読んで勉強するほうが、
全てを自分で貯めそうとするより、
ずっと効率的だし速いと思います。

さてと。

今日もこっぴどくやられたなぁ。
今日は、どの論文を読もうかな。

これからGoogle Scholarを、
巡回してきます…。

– 中原良太

【本日の資産変動】
6/17:945万7627円
6/18:940万6027円(▲5万1600円)