From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

小型株が軒並み下がりました。

小型株を中心に買った僕は、
損を直撃されています。

なぜ…?(涙)

2018年以降、小型株が不調です。

僕のように、
「小型株を中心に」
投資している人にとっては、

辛い時期が続いています。

中でも辛いのが、
「損をする理由が理不尽」
という点です。

小型株は大型株と違って、
プロよりアマチュアに好まれます。

プロは機械的に取引しますが、
アマは感情的に取引します。

だから、

小型株は大型株よりも、
「相場の雰囲気」に左右されて、
理不尽な値動きをするんです。

「割安な会社」を買っていても、
「好業績な会社」を買っていても、

「なんとなく雰囲気が悪いから」という、
理不尽な理由で売られちゃうんです。

どれだけ理不尽かというと、

「超好みのデザインの安くて良い服を買ったけど、
同僚が同じ服を着てたから急に冷めた」
みたいな感じです。

理屈でみれば良い買い物でも、
感情でみると一気に冷めるあの感覚。

せっかく良い買い物をしても、
感情的な理由で台無しにされます。
期待を裏切られることも多いんです。

この「裏切られた〜!」という感覚は、
いつになっても気持ちが悪いんですよ…汗

◆  ◆  ◆

「裏切られる」ことは気持ちが悪いですが、
この「裏切られる」ことが利益の源でもあります。

いわゆる、
「リスクを取る」
というのは、

「思い通りにならないことを受け入れる」
ことをでもあります。

だから、

「思い通りにならなくてムカつく!」
と感じることはあっても、

「まぁまぁ、これが利益の源なのだから、
仕方ない。次また頑張るべさw」
と考えるのが大事だと思います。

落ち込んでいる場合じゃない。

落ち込んでいるヒマがあったら、
次のチャンスを探そう。

また、ちょっとした拍子に、
「利益を出すチャンス」が、
転がり込んでくるかもしれませんので…。

– 中原良太

【本日の資産変動】
6/14:946万8607円
6/17:945万7627円(▲1万0980円)