From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

昨日から、
「今年最後の大相場が来そうだぞ!」
という話をしています。

先週時点では、
「暴落が来るかも!」
なんて話をしていたので、

我ながら、ひどい手のひら返しだと思います(汗)

とはいえ、

今回、こんな話をしているのには、
きちんと科学的な根拠があります。

理由は3つあります。

1つ目の理由は、
「夏は、世界の株式市場が下がりやすい」
傾向があるからです。

ティルブルフ大学のファイナンス教授が、
2002年に公開した論文、

「The Halloween Indicator,
‘Sell in May and Go Away’: Another Puzzle」
によると、

「夏の時期(5月〜10月)」は、
株価が下がりやすいことが確認されました。

この傾向は36カ国で確認されており、
古いデータでは300年前から有効でした。

要は、

「夏は株価があがりにくい!」
ってことです^^;

これから上がりにくい時期が続くんで、

「このチャンスを逃したら、
2019年には次が無いかもよ?」
と考えたワケです。

2つ目の理由は、
「FOMCサイクル」的に、
絶好調な時期が続く点です。

先月末に公開された最新の研究
「Stock Returns Over the FOMC Cycle」によると、

「FOMCから0、2、4、6週間目は株価が上がりやすい!」
というデータが得られました。

このサイクルを見る限りは、

第6週目にあたる「6/13〜6/20」が、
株価が上がりやすい時期と考えられます。

さらに、

次回のFOMCが6月18日〜19日に控えています。

すると「6/18〜6/25」の期間が第0週目にあたり、
さらに上昇しやすい時期が続くと期待できます。

要は、

「6/13〜6/25」はイベント周期的に、
「株価が上がりやすい!」ってことです。

第3の理由は、
「月末は夏のボーナスが控えており、
株価が上がりやすい!」点です。

著名な経済学者Josef Lakonishokらの研究に、
「Are Seasonal Anomalies Real? A Ninety-Year Perspective」
という論文があります。

この論文によると、
「月末は株価が上がりやすい!」
という傾向が確認されています。

しかも、

この現象は100年以上も昔から、
脈々と続いているんですよ(驚)

つまり、

なかなか説得力の高い現象なんですな。

日本株の場合は、
「月末25日〜月初1日」
くらいの期間が上がりやすい。

なので、

FOMCサイクルに引き続いて、
「月末も株価が上がりやすい!」
と考えられるワケですな。

◆  ◆  ◆

つらつらと述べてきましたが、まとめると、

「夏以降、世界の株式市場は伸び悩みやすい!」
(だから、今回の相場上昇が2019年ラストかも?)

「FOMCサイクル的に、6/13〜6/25は上がりやすい時期」
「カレンダー周期的に、6/25〜7/1は上がりやすい時期」

つまり、

「6/13〜7/1」は連続して上がりやすい、
「ボーナスタイム」である可能性があるワケです。

こんな感じで、

「上がりやすい時期」が、
重なることは滅多にありません。

大きなチャンスだと思うんで、
僕自身、興奮しております。
(ワクワクしますなぁ!)

とはいえ、

いろいろと話してきましたが、

「100%当たるぞ〜!」
という話ではありません。

「借金して株を買え〜!」
という話でもありません。

僕が言いたいのは、
「チャンスが来るかもしれないから、
上手に立ち回る方法を考えときましょう」
ってことです。

僕自身、

先週あたりから、
たっぷり株を仕込んでいます。

ウォッチリストに眠っている株など、
いまのうちに見返しておいてはいかが?

– 中原良太

【現時点の投資スタンス】
超長期(5年〜10年):売り
長期(1年〜3年):中立
中期(3カ月〜6カ月):買い
短期(1週間〜1カ月):買い