From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

相場が上がっています。

これが今年最後の、
「本格的な大相場」
になるかもしれません。

このチャンスを逃すと痛いので、
しっかりお金を稼ぎたいところです。

なぜ、こんな話をするのかというと、、、

「気温が上がると株価が上がる!」
ことが確認されているからです。

2005年に公開された論文、
「Stock Market Returns:
A Note on Temperature Anomaly」
によれば、

1962年7月3日〜2001年7月9日の
世界各国※の株価データを分析したところ、

※米国、カナダ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、
 オーストラリア、日本、台湾

「冬に人は挑戦的になることで、株価が上がりやすい!」
「夏に人は無気力になることで、株価が上がりにくい!」
という傾向が確認できました。

世界各国において、
「夏は株価が上がりにくい!」
時期なんですよ。

で、ここからが大事な話で。

日本は、6月に梅雨があります。
6月は夏のボーナス月でもあります。

つまり、

「6月は相場が上がりやすい月」です。

しかし、

「本格的な下落相場が来るのは7月〜8月」
であることが多いです。

梅雨が空けてからの日本株市場は、
一気に利益を出すのが難しくなります。

つまり、

「今のうちに稼いでおかないと、
今年はもう稼げなくなるかもしれない!」
ということです。

僕自身、

「梅雨が明けてからかなり辛い時期になる」
ことを経験的に知っています。

なので、

「6月が最後の稼ぎ時」と考えて、
積極的にリスクを取っています。

「アリとキリギリス」の寓話じゃありませんが、

「稼げるときに稼ぐ」くらいしないと、
利益がすぐ吹き飛ばされてしまいます。

「厳しい季節に備えて働くアリ」が生き延び、
「厳しい季節に備えず遊ぶキリギリス」は死にます。

僕らはキリギリスにならないように、
「つらい時期に備えて」利益を蓄える必要があります。

◆  ◆  ◆

先週から、日本株は大きく上がっています。

僕はこれまで、
「上昇相場で置いてけぼり」にされて、
悔しい思いを繰り返してきました。

2013年のアベノミクス相場などは、
めちゃ悔しかったのを覚えています。

今度こそは逃さんぞ(迫真)

この好機を逃さずに、
しっかり利益を出したいですね…!
(反落したら、それは仕方ないですが^^;)

ちなみに、

あなたは6月のチャンスを、
どういう作戦で乗り切るつもりですか?

まさか、

「計画がない」
なんてことはありませんよね…?

– 中原良太

【本日の資産変動】
6/7:934万7158円
6/10:949万2558円(+14万5400円)