From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

相場が下がりました。
僕は今、損をしています。

でも僕は、
「やったぜ!」と、
喜んでいます。

なぜか?

説明のために、
「川の流れに逆らうボート」
を想像してみてください。

川岸からみても、
ボートは前に進んでいません。

しかし、

あなたがボート同じように、
「川で流されている」としたら、
どのように見えるでしょうか。

ボートはグイグイ前に進んでいます。

この視点は大事です。
覚えておきましょう。

株式投資をしていると、
「絶対的な利益・損失」
で皆は目がくらみます。

ですが、

投資の上手・下手を見分けるのに、
「絶対的な評価」を使うのは、
間違っているんですよ。

アカデミックな世界では、
「プラスかマイナスか」で、
成績の良し悪しを判断しません。

先ほどの川の例を思い出してみてください。

もし川の流れが、
想像を絶するほどの逆流だったら、
どんなことが起きるでしょうか?

きっと、

どんなマッチョな人がボートを漕いでも、
川に逆らって前へ進むことはできません。

これは相場でも同じです。

いまは相場が下がっています。
「損をするのが当たり前な逆流」です。

このような環境では、
「損を抑える」だけでも、
大きな価値があります。

多くの人が「10万円」を損する場面で、
自分は「5万円」しか損をしなかった。

金額だけを見れば損ですが、
これは、すごいことです。
(5万円を「損せずに済んだ」のだから!)

株取引を始めたばかりの方は、
「損をしたから、自分は間違えている」
と考えがちです。

ですが、この考え方は、
勘違いのもとです。

もしかすると、
「逆流に飲まれている」だけで、
本当は上手なのかもしれません。

「何と比べてうまくやったのか?」

僕ら投資家は、この視点を、
捉え違えてはいけません。

かくいう僕自身、
「損をしたけど喜んでいる」
とお話ししました。

これはちょっと強がりな部分もあります。

「損をしたのは悔しい」
「でも、うまくやった自分を褒めている」
といった方が、正確です。

何から何まで、
「相場が下がって損をした」ときに、
自分を責めないでください。

ただシンプルに、
「川が逆に流れている」(=相場が下がっている)
だけなのです。

川の流れは気まぐれに動くうえ、
異常気象と同じで先が読めません。

大事なことは、

「(岸からみて)ボートが前に進んだかどうか?」
ではなく、

「(流れに対して)ボートが前に進んだかどうか?」
という点なのです。

相場が1%下がったときに、
損失が0.5%なら上出来です。
(損失が1.5%なら要反省ですが…)

むやみに自分を批判しないでください。
あなたはきっと上手に投資しています。

「いくら増えたか?いくら減ったか?」
という視点だけしか持たないと、

判断基準が凝り固まってしまいます。

だから、

「相場が下がったときは、
損をしても仕方がない」

「とはいえ、どれだけ自分は損失を、
小さく抑えることができただろうか?」

と考えましょう。

逆も同じで、

「相場が上がったときは、
利益を出せて当たりまえ」

「自分は、どれだけ利益を伸ばせただろうか?」

と考えましょう。

この考え方を取り入れることで、
資産運用にかかるストレスが、
ぐっと少なくなりますよ。

僕自身、そうでした。

「ボート」だけを見て、
「上手・下手」を判断してませんか?

「川の流れ」に目を向けてみると、
その判断は、間違いかもしれませんよ…。

– 中原良太

【本日の資産変動】
5/31:925万6571円
6/3:916万9364円(▲0.94%)
東証小型株指数:▲1.62%