From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
塩漬けしている株があります。割高です。
でも、どうしても損切りができません。
どうすれば損切りできますか?
====================

中原からの回答:

あるあるですね〜。

正しい損切りの最強のコツは、
「機会費用を知る」ことですね。

僕ら投資家のお金は、
限られています。

「ほしい株を全部買う!」
なんてことはできません。

だから、

大多数の株を、
「買う」ことはできません。

1つの株を「買う」ことは、

その他全ての株を、
「買わない」ことと同じです。

1つの選択には、
必ず犠牲があるのです。

これを「機会費用」といいます。

損切りできない人は、
「機会費用」を無視してます。

たとえば、

「決算が悪化して、
株価が半分になった株」
があるとしましょう。

損切りできない投資家は、
こういう株を持ち続けます。

一方、

損切りできる人は、

「今もっている株を損切りしてでも、
別の株に乗り換えた方がオトクでは?」
と考えます。

「塩漬けして望み薄の状況に甘んじる」より、
「損切りして有望な株に乗り換える」ことを、
重視するんですよ。

もう少し言い換えると、

損切りできない人は、
「過去のミス」に執着します。

損切りできる人は、
「未来の成功」を重視します。

損切りできるかできないかは、
このスタンスの違いが大きいかと。

この話を聞いて、
「グサッ」と来た人は、

機会費用について、
考え直してはいかが?

– 中原良太