From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

「スタンフォードの自分を変える教室」
を読み終わりました。

筆者は同大学の心理学者、
ケリー・マクゴニガルです。

余談ですが、
彼女は一卵性の双子で、

妹のジェイン・マクゴニガルは、
ゲームデザイナーとして活躍しています。

この本を読んで印象的だったのは、
「ストレスは自制心を奪う!」
というフレーズでした。

自制心は金持ち体質の源です。

「自制心さえあれば人生楽勝!」
と言えるほどの、万能気質です。

そんなこんなで、
自制心は超重要なわけですが、

「ストレスを感じると自制心が弱まる!」
というのだから、怖いモンです。

ストレスフルな職場
ストレスフルな業務
ストレスフルな交友関係

こういうものが僕らから自制心を奪い、
「成功できない」状況へ追いやる訳です。
(なんて恐ろしい!)

逆に言えば、

「ストレスと上手に付き合える人」ほど、
成功しやすい!ってことでもあります。

さいきん、仕事が忙しく、
ストレスが溜まっている僕としては、
見逃せないフレーズでした。

おいおい。
働いている場合じゃないぞ。
(貧乏になってしまう…!)

ストレスに潰される前に、
おやすみを頂こう…!(決意)

さて。

仕事ではストレスに潰されそうな僕ですが、
株取引のほうは好調です。

5/28の相場上昇のおかげで、
含み損が少しずつ減っています。

資産残高の前日比は+0.5%です。

TOPIXや日経平均よりも、
良い感じに推移しています。

いいぞ、この調子。

少しずつ、少しずつ。

5月に被った損失を、
取り返していきたいところです。

【本日の資産変動】
5/27:928万4271円
5/28:933万5971円(+5万1700円)

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(5月29日版)

【KDDI(9433)】
5月15日に決算を発表。2020年3月期は増収増益の見通し。最終益は7期連続で最高益を更新する見込みです。業績は絶好調です。同社株の予想PERは約10倍。割安水準と言われる「15倍」よりも安いです。

【ソニー(6758)】
4月26日に決算を発表。20年3月期は減益の見通しに。今回の減益は想定より小さかったです。むしろ、安心材料だと思います。株価面を見る限り、予想PERは13倍。まだ割安感があります。続伸に期待します。

【デンソー(6902)】
4月26日に決算を発表。20年3月期は増益の見通し。業績はV字回復となりそう。同社株は2018年だけで30%近く下落。同社の予想PERは約11倍となりました。予想PERは「15倍を切ると割安」と言われます。割安感が高まっています。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(5月29日版)

【楽天(4755)】
5月10日に決算を発表。第一四半期は大幅増益で着地。好調に見えます。とはいえ、業績と株価は別物です。同社株の株価面を見る限り、PBRが高め。過熱感があるようにも見えます。

【リクルートHD(6098)】
前期基準でPERを算出すると30倍を超えています。これは割高水準といわれる「20倍」の1.5倍の水準です。同じような好業績株に、「割安」な会社は他にもあるはず。僕ならそちらに目をむけます。

【第一三共(4568)】
同社株の予想PERが50倍近くになりました。一般に予想PERは「20倍を超えると割高」と言われます。同社の株価は約2.5倍です。過熱感があるように見えます。反落に気をつけましょう。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]5期連続最高益見通し、最強の株がコチラ(5月29日版)

5/28の決算発表も、
なんとも微妙でしたな…。

そこで今回も、
良さげな銘柄を1つ、
蔵出ししていきますよ〜。

それがコチラ:

◯リスクモンスター<3768>

ネット審査や与信管理サービスを提供。

5月8日に決算を発表。
今期経常は5期連続最高益の見通し。
業績は絶好調のようです^^@

同社の収益性はバツグンに高いです。
売上高営業利益率は15%超。

四季報オンラインの、
スクリーニング機能で調べると、

これだけたっぷりお金を稼ぐ、
高収益な会社は日本トップ1割ほどです。

また、

同社株はまだまだ割安。

2018年から今までにかけて、
みるみる株価が下がってます。

同社の予想PERは約11倍。
割安水準の「15倍」よりも、
はるかに低いので割安です。

特筆すべきは、
同社の財務健全性です。

同社は借金が少なく、
自己資本比率が80%超。

これは、日本企業の中でも、
トップ3割に入る水準です。

「業績が絶好調!」
「収益性はピカイチ!」
「株価は割安!」
「財務も健全!」

ということで、
言うことなしの銘柄かと。

短期間でドカンと吹くような、
そんな派手さはありませんが、

じわりじわりと、
中長期で値上がりが、
期待できる銘柄だと思います。

ウォッチリストに入れておきましょう!

ううむ。素敵な株だなぁ。
僕もほしいなぁ…!(欲)

[相談コーナー]決算進捗率を読めば、勝てる株が分かる?(5月29日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
決算の進捗率を読むことで、
上方修正する会社を先読みできる!
という本を見つけました。

この本にかかれていることは、信用できますか?
====================

中原からの回答:

良い質問ですね。
これは僕も気になってました。

ザッと調べてみましたが、
英語の論文は見つかりませんでした。

代わりに、

大阪市立大学の、
博士論文が1つ見つかりました。

論文のタイトルは、
「四半期財務情報の投資意思決定
有用性に関する実証研究」
です。

(長くて難しそう…!)

この論文では、
決算進捗率について分析したようで、

詳しい中身は、
読めませんでしたが、

「使えそうな雰囲気」
は出ています。

明確なことは言えませんが、
効果がない訳じゃなさそうなので、
調べてみても良いかも。

とはいえ、

決算進捗率はみんな見てますし、
進捗率に応じて上方修正も期待されます。

だから、

「上方修正を発表する会社」
は見つけることができても、

「思ったとおり株価が上がる」
とは限らないと思っておくと良さげ。

それに、

2月のウェブセミナーを受講した方なら、
「利益の質(信頼性)」を確かめれば、
上方修正しやすい会社は見つけられます。

わざわざ四半期決算を追わなくても、
良い会社は見つけられるので、

「別にそこまでしなくても…」
というのが個人的な見解です。

[日本株見通し]TOPIX3日続伸!今からでも買うべき?(5月29日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

5/27、米国株はお休み。

手がかり難ではありますが、
28日の日本株は強い動きが目立ちました。

MSCIのりバランスもあり、
今日は商いが活発でしたな。

特に大きなイベントも控えておらず、
「買いにくい地合い」という訳でもなさそう。

上がりやすい地合いなんじゃないかしら。

日本株市場の特性として、
「上がると、翌日からも上がりやすい!」
という傾向がございます。

また、

カレンダー的に見ても、
「月末は株価が上がりやすい!」
なんて特性もございます。

これらを踏まえる限り、
「短期的には買い場だ!」
と判断しております。

現時点、

僕の投資スタンスは、
下記のとおりです:

【5/28時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り
短期(1カ月):売り
目先(1週間):買い

現時点で株を持っていない人は、
「出遅れている株を追いかけて買う」
作戦で、反発を狙えるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「大型株から小型株へ乗り換える」という作戦で、
さらに利益を伸ばせそう。

週明け早々に株を買った僕ですが、
引き続き、相場の続伸に期待します。
今週いっぱいは株を持とうかと。

5月の前半はことごとくやられました。

今みたいに上がっているときにこそ、
取り返しておきたいところです。

– 中原良太