From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

おととい話した、
「FACTFULNEESS」
の話の続きをします。

世界銀行が発表したデータによると、

僕が生まれた1990年には、
極度な貧困に苦しんでいた人が、
「19億人」もいました。

ですが、

僕が25歳になり、

ヤフーファイナンスで、
「ベストパフォーマー賞」
を受賞した2015年には、

極度な貧困に苦しんでいた人が、
「7億人」にまで減りました。

わずか25年間のうちに、
12億人が貧困から抜け出しました。

世界は確実に良くなっています。
(すごいですよね…!)

お恥ずかしい話なのですが、
ぼくはこれまで何度も、

「恵まれない人に寄付を」
という広告を目にしてきましたが、
見て見ぬふりを続けてきました。

というのも、
「貧困な人は助けられない」
「寄付をしても一時しのぎに過ぎない」
と考えていたからです。

でも、

このデータを見てから、
考えを改めました。

というか、

「考えを改めるのが遅すぎた…」
と後悔さえしています。

あのときに寄付をためらわなければ、
救えた命がいくつもあったはずです。

「きっと救えない」

この勘違いのせいで、
失われていった命を思うと、
悲しい気持ちになります。

「救えなかった」んじゃない。
「救わなかった」んです。
「見殺しにした」んです。

統計に現れる死者の一部は、
僕のせいで死んでしまいました。

悔しい。

まぁ、

僕は聖人ではないので、
「全財産を寄付できる」
ほどの器もありません。

とはいえ、

「無理のない範囲で、
助けられる命を助けたい」
と考えているのも事実。

そこで、

今月から僕ら夫婦は、
「国境なき医師団」に、
月額6000円の寄付を始めました。

「月額6000円」という数字は、
「1カ月分の食費、2人分」
という理由で決めました。

この金額であれば、
長く続けられると思いました。

世界のどこか、僕らの寄付で
「救われる子供が2人いる」
と思うと、力がみなぎります。

僕と奥さんとで2人分。
「世界のどこかで2人を子育てしている」
つもりになって、寄付をしています。

「自分が頑張って生きているのも、
たまーに嫌な仕事をしているのも、
世界の役に立っているんだ!」
と思うと、報われた気がします。

寄付って案外、悪くないものですね。
気付くのが遅すぎました。

でも、希望はまだあります。
これから存分に寄付をして、
救える命を救いたいと思います。

◆  ◆  ◆

さて。

寄付をして、
ほっこりしている僕ですが、

株取引では、
ハイスピードで、
お金が減っています。

く…くるしい…。
だれか僕に寄付をしてくr

相場が上がらないことには、
取り返すのも難しそう。

しばらくは、

耐えるしかないでしょうなぁ…汗

– 中原良太

【本日の資産変動】
5/22:930万4962円
5/23:928万6662円(▲1万8300円)