From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
中原さんはインデックス投資を推奨しています。

そこで気になったのですが、
中原さんご自身は、どういう配分で、
インデックスに投資しているのでしょうか?
====================

中原からの回答:

単刀直入な質問が来ましたね。
良いでしょう。回答します。

僕の資産配分はこんな感じです。(インデックス投資のみ)

【iDeCo】
全て米国株(NYダウ連動型インデックス投信)

【NISA】
金ETFが6分の1(IAU)
米国株が6分の5(VOO)

インデックス投資のやり方は、
年を経るごとに試行錯誤しています。

2018年は、
「短期のリスク分散には金と米国株の組み合わせが最強!」
というデータを得たので、この2つを買い付けました。

とはいえ、よくよく考えてみると、
「長期投資で金ETFって微妙じゃね?」
と考えるようになりました。

そこで2019年は、
米国株(VOO)のみ買い付けました。

そして2020年は、
「もっと良い方法がありそう…」
ということで、別の方法を検討中です。

ここで大事なポイントがあります。

それは、
「運用利回りの8割〜9割は資産配分で決まる!」
という点です。

多くの投資家が、
「良い株を買えば儲かる!」
と考えています。

でも、

実際のところ一番大事なのは、
「いかにたくさん、貯金するか」
「貯金したお金のうち、いくらを投資(経済活動)に回すか」
という2点なんですよ。

この2つさえ抑えておけば、

多少、運用成績が変わっても、
概ね良い結果が得られると思いますよ〜。

– 中原良太