From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

14日夜、
米国株が反発しました。

何やら、

トランプ氏のツイートによって、
米中摩擦の警戒心が和らいだみたい。

ハッキリ言って、
「なに、そのテキトーな理由?」
って思います。

「1つのツイートごときで、
相場がこんな上がって良いのかいな?」
と言いたい気持ちが湧きました。

まぁ、とはいえ、

文句を言ったところで、
現実はどうにもなりません^^;

気持ちを切り替えて、
これからできるベストを考えます。

14日の米国株の上昇を受け、
15日の日本株も反発しました。

予断を許さない状況ですが、
「株を買っても良さげ」な、
チャンスが来ましたね。

というのも、

日本株市場には、
「上がった日の翌日は上がりやすい!」
なんて傾向がございまして。

前日の動きに合わせるだけでも、
そこそこ利益が期待できるんですよ。

令和が始まってから、
相場が下落続きでしたが、

「打診買い」するには、
良い頃合いかもしれません。

今の相場の動きを踏まえ、
僕の投資スタンスを少し変更します。

【5/14時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り
短期(1カ月):売り
目先(1週間):売り

【5/15時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り
短期(1カ月):売り
目先(1週間):買い(変更)

長期投資するには微妙ですが、
ちょちょっと短期で取引して、
つまんでいくのも良いかと。

現時点で株を持っていない人は、
「出遅れている株を追いかけて買う」
作戦で、反発を狙えるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「大型株から小型株へ乗り換える」
といった作戦で、さらに利益を伸ばせそう。

かくいう僕自身のトレードですが、

これまで損切りを繰り返してきたので、
溜まった現金をドンと株に投じる予定です。

米中貿易摩擦は解決してませんし、
未だに決算発表がラッシュですが、

不安要素がいくつかあるからこそ、
「安く仕込むチャンス!」と考えます。

感情を理性で押さえつけるからこそ、
利益を掴めるんじゃないかしら。

– 中原良太