From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

米中貿易摩擦が激化しています。

先日、アメリカが中国への、
関税を引き上げました。

これを受け、

中国側も、アメリカに対して、
報復関税を実施すると発表しました。

みるみる悪化してますなぁ(汗)

さらに、

5/13、日本経済新聞が
公開した記事によると、

「(現時点の集計で)日本企業の業績が、
3年ぶりに減益に転じた」と報じてます。

経済そのものの実態としても、
停滞気味ってことですな。

さらに、

日本株市場の特性として、
「いちど下がると、長引きやすい」
という傾向があります。

まとめると、

◯米中関係は不安定
◯日本企業の決算も不調
◯相場下落も長引きそう

ということで、

なんとも暗い雰囲気です。

この材料を見て、
「よし!今から株を買おう!」
と感じる人は少ないんじゃないかしら。

ということで、

僕の投資スタンスは、
昨日と同じく弱気継続です。

【5/13時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り
短期(1カ月):売り
目先(1週間):売り

現時点で株を持っていない人は、
「株を買わずにジッとしておく」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

ストンと落ちなかっただけに、
なおさら下落が長引きそうですな。

どんな有望株を買っても、
こう相場が弱いと下がっちゃいます。

いまは「静かにしてる」ってのが、
正解なんじゃないかしら。

僕自身、

悪材料を発表した株は売り払い、
現金の比率が80%ほどになりました。

相場が戻るまでは、
引き続き、待機を続けます…。

– 中原良太