From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

13日14時に発表された、
3月の景気動向指数は、

「悪化」となりました。
6年2カ月ぶりの悪い結果です。

それもあり、

日本株はグイグイ下落してます。
「ザ・下落相場!」って感じの動きです。

カレンダー的にも、
「5月に株を売れ!(Sell in May)」
なんて格言もあるとおり、

株式市場は、
5月に上がりにくいです。

また、

日本株は、
「いちど下がり始めると、長引きやすい」
なんて傾向もございます。

景気動向指数が悪かったうえ、
カレンダー的にも逆風ぎみ、
市況もよろしくない。

株が上がる材料が思いつきません。

かなーり雰囲気が悪いので、
しばらく下落が続くと見て良いでしょう。

ということで、

僕の投資スタンスは、
先週末と同じく弱気継続です。

【5/13時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り
短期(1カ月):売り
目先(1週間):売り

現時点で株を持っていない人は、
「株を買わずにジッとしておく」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

過去の統計上、
「TOPIXがあらゆる移動平均線を割り込む」と、
大きな暴落につながりがちです。

10月や12月クラスの暴落が来る確率は、
3分の1くらいだと見ています。

のこりの3分の2は、
「取越苦労」に終わるでしょう。

とはいえ、僕はチキンな性格です。
少しでも可能性があれば避難します。
まだ株を買う予定はありません。

相場の雰囲気が改善されて、
風向きが良くなってから再開します…。

いまみたいな下落相場では、

損を抱えて、
「なんとかして取り返さなきゃ!」
と焦っている方もいるでしょう。

でも、落ち着いて。慌てないで。

焦って株を取引すると、
さらなるミスにつながります。

引くべきときには引いて、
じっと待つのも手ですよ。

– 中原良太