From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

8日の相場下落によって、
TOPIXは5日線、25日線、75日線、200日線を、
すべて下回ってしまいました。

これはまた、嫌な雰囲気ですね。

日本株式市場には、
「上がった日の翌日は、ふたたび上がりやすい」
「下がった日の翌日は、ふたたび下がりやすい」
という傾向があります。

この現象は、経済学用語では、
「モメンタム効果」と呼ばれてます。

また、株式市場は、
「5月〜10月に下がりやすい!」
という傾向があります。

相場の動きが非常に弱いうえ、
カレンダー的にも向かい風です。

しばらく日本株は、
上がらなさそうですね。

去年の10月や12月のように、
暴落する可能性もあります。

だから、

「できるだけ現金を多め」で、
欲を出さずにジッとするのが良いかと。

相場の雰囲気が悪いので、
投資スタンスも弱気に変更します。

【5/7時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):売り
目先(1週間):売り

【5/8時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):売り(変更)
短期(1カ月):売り
目先(1週間):売り

現時点で株を持っていない人は、
「株を買わずにジッとしておく」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

僕自身、7日に株を売ってからは、
新しい株は買っていません。

暴落もあると思うので、
長期保有銘柄以外はお休みです。

取り越し苦労なら、
それに越したことはありません。

TOPIXが5日線を回復したあたりで、
次の一手を考えようかな。

– 中原良太