From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

23日の夜には、
S&P500とナスダックが、
市場最高値を更新しました。

それもあり、

「おおっ!日本株も上昇の波が来るか!?」
なんて期待をしていたのですが、

その結果は…反落。

4月24日に日本株市場は、
GW前の様子見ムードが強まったからか、
一気に弱気姿勢が強まりましたなぁ。

個人的な取引では、
さほどダメージはなかったものの、
いやーな雰囲気でございます(汗)

特に、僕が重視している、
東証小型株指数が25日線を割れたのは、
なかなか「痛いなぁ…」と思うところでして。

日本株全体に共通する特徴として、
「指数が25日線を割れると一気に弱くなる」
という傾向があるんですよ。

もちろん、

多くの場合はダマシなので、
大半は「取り越し苦労」で済むのですが、

とはいえ、

ダマシでなかった場合は、
非常にダメージが大きいんですよ。

だから、

ぼくはいつも、
「小型株が下がったらすぐ逃げる!」
を信条に、チキントレードに徹しています。

ということで、

日本株全体が下落したので、
僕の投資スタンスを弱気に変更します。

【4/23時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):買い
目先(1週間):買い

【4/24時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):売り(変更)
目先(1週間):売り(変更)

この投資スタンスに従うと、

現時点で株を持っていない人は、
「これから1週間くらいは様子見する」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

とはいえ、

この連休前の気持ち悪さもあり、
「今が株を安く仕込むチャンスでは?」
と思う気持ちもあるんですよ。

僕自身の方針としては、
ひとまず木曜日に株を売って撤退して、

金曜日に入り直すかどうかは、
動き次第で決めようと思います…。
悩ましいところですな…。

– 中原良太