From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

4月24日は、
決算発表が多かった割に、

「おおっ!」と感じる銘柄は、
ほとんどありませんでしたなぁ。

というか、

決算発表が良い銘柄は、
たくさんあるにはあるんですが、
株価が割高過ぎて話にならないという…(汗)

とはいえ、

そんな中でも、
キラリと光る銘柄を、
1つ発見いたしました!

それがコチラ:

◯アマノ<6436>

就業時間管理システムの大手。

24日に発表した決算によると、
20年3月期には最高益を更新する見通しに。

業績が着々と拡大しており、
絶好調な様子が伺えます。

同社は収益性も非常に高く、
売上高営業利益率は10%超。

これは日本企業の中でも、
トップ3割の水準です。

とはいえ、

同社の特筆すべきポイントは、
収益性や業績ではありませんでして。

同社のイチオシポイントは、
なんといっても「財務健全性」です。

同社は自己資本比率が非常に高く、
借金が少ないので不況に強いと期待できます。

また、決算書を見る限り、
お化粧感も非常に薄いので、
信頼がおけそうですなぁ。

こういう会社は、
「上昇相場がグイグイ伸びる!」
というよりは、

相場が下落しはじめたときに、
「下がらずに生き残りやすい!」
なんて傾向があります。

だから、

「損をしたくない!」
「でも株は買いたい!」
という欲張りな方にとっては、

魅力的な投資になるんじゃないかしら。

同社株の予想PERは、
さほど低い水準じゃないので、

買うとしても、
予算は「株価3000円まで」
といったところでしょうか。

中長期保有でも、
値上がりが期待できそうなんで、
ウォッチリストに入れておいてはいかが?

– 中原良太