From: 中原良太
今日を振り返って手帳を書きながら、、、

資産運用において、
「いちばんの敵」って、
何だと思いますか?

僕には、1つの答えがあります。
あなたは、何が答えだと思いますか?

1分ほど時間をとって、
考えてみてください。



さて、考えましたか?

別にこの話は、
心理テストではなく、

単純に、議論してみたら、
面白いかなーと思い、取り上げました。

ちなみに、

僕の回答は何かというと、
資産運用における一番の敵は、
「自分自身」だと考えています。

◆  ◆  ◆

なぜ、「自分自身」が、
敵だと考えるのか。

それは、
「人間は感情的な生き物だから」
です。

僕ら人間は冷静などではなく、
感情に従って暮らしています。

だから、

合理的に考えて正しいことに対しても、
「自分自身の感情が従わない」ことで、
失敗してしまうことがよくあります。

株でありがちなのは、
「塩漬け」とかですかね。

自分の損を認めることができず、
感情的になってしまうことで、

「別の株に乗り換えた方が、
よっぽど合理的だというのに」
それができなくなってしまう…。

そんな投資家が、
けっこー多いんですよね。

だから、

「自分自身の感情のクセを知ること」や、
「感情に振り回されない対策をすること」が、

テクニックやらスキル以上に、
もっと大切だと思うんですよ…。

結局、

自分自身を手懐けておかないと、
何をしても上手くいきません…。

– 中原良太