From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
インサイダー情報って、案外手に入るものですね。
とはいえ、違法行為なので、その情報を基に、
企業に投資することはありませんが(汗)

株式投資にも「違法行為」があります。
僕ら個人投資家レベルで、気をつけた方がよい、
「違法行為」って何かあるでしょうか…?
====================

中原からの回答:

インサイダー情報ね…。

僕も職業柄、
聞いてもいないのに、

「うちの会社が◯◯でさー」
「この情報、使ってお金儲けてよいよw」
なんて、冗談めいて言われます^^;

とはいえ、

インサイダー取引は立派な違法行為です。

見つからないことがあるとしても、
僕みたいなチキンからすれば、

違法なことが嫌なのはもちろん、
「見つかったらどうしよう…?」
なんてビクビクすることの方が嫌です。

それに、仮にインサイダー情報を使ったところで、
「確実に儲かるか?」と言われると、
そうでもないと思いますし…^^;

インサイダー情報に頼らずとも、
お金を上手に増やす方法があります。

王道の投資法を使って増やした方が、
堂々とお天道さまの下を歩けるので、
そうした方が良いかと思います^^;

さて、

「個人投資家が気をつけた方が良い、
違法行為は何でしょうか?」
という質問ですが、

僕は弁護士ではないので詳しくありません。
なので、間違っていたらすみません。

あくまで「参考」として、
胸に留めておいて頂けたらと。

個人的によく出会う違法行為で、
問題になるパターンは以下の2つです。

・自分が違法行為をして捕まるケース
・他人が違法行為をして巻き添えを食らうケース

1つ目は、
「自分が違法行為をしてしまい、
お縄になってしまうパターン」
です。

個人投資家でありがちなのは、

先ほどのインサイダー情報に加え、
「他人のカネで運用する」系が、
法的に怪しいところです。

「君の代わりにお金を預かって運用するよ」
「儲かったら、報酬をちょうだいね」
といった類の行為は、

「投資一任」と呼ばれていて、

資格を持っていないと、
やっちゃいけないのでアウト。

「投資教育」とかは問題ないんですが、

「ビジネスとして投資一任」は、
無免許だとアウトです。

だから僕も、

他人のカネを集めて、
「代わりにお金を増やします」
なんてことはやってません。

というか、

カネを集めて(高い手数料を取って)運用するより、
「教育して本人に増やせるようになってもらう」
ほうが、よっぽど未来につながると思います。

もう1つのパターンは、
「他人の違法行為のせいで、
自分が巻き添えを食らう可能性」
ですね。

ありがちなのが、

投資先の企業が不正会計をするなどの、
違法行為をやらかしてくる場合です。

訴訟こそできるでしょうが、
だいたい痛手を被るのは僕ら投資家です。

よって、

どんなに信用できる投資先でも、
集中投資を行うことはオススメできません。

できるだけお金は分散して、
「1つがコケても大丈夫」
と言える状態を作りましょう。

お金がらみの法律は、
日本は厳しく規制されてます。

たまーに、
「友達のお金に頼まれて運用してます」
なんて言う方もいますが、

これは違法行為ですので、
止めておきましょうね…。

– 中原良太