From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

投資を始めてから早10年。

やっと、自分の投資の、
「基礎」が固まってきた気がします。

これまで、

細かな「戦術(テクニック)」とか、
おおよその「作戦(プロジェクト)」とか、

それくらいのことは、
そこそこ網羅できていたんですが、

「戦略(シナリオ)」も含めて、
包括的に考えが固まったのは初めて。

投資家としても、
一皮むけた気がします。

この調子で、
運用成績も向上すると、
嬉しいんですがね…?(遠い目)

さて。

先週末の日本株市場は、
まんべんなく弱気でしたね。

週末にかけて萎んでいったので、
週明けからの利益の多くが、
吹き飛んでしまいました(涙)

いやーな雰囲気もしていたので、
トカゲのしっぽ切りで損切りしました。

4月も最終週に入ります。
今月は今のところプラスなんで、
なんとか維持してGWに入りたい…!

【本日の資産変動】
4/18:964万7119円
4/19:965万0388円(+3269円)
前週比:+10万2211円

[有望株ニュース] 高IQ投資家が期待する有望株(4月22日版)

【ソニー(6758)】
日経新聞にて、「中国でアニメビジネスに本格参入する」と報じられ、これが好感されている様子。もともと同社株は割安感が強く、予想PERなどの指標も約10倍(≒割安水準)です。去年10月以降は株価が停滞していましたが、その分「お買い得」と捉えることも可能です。今後の復調に期待します。

【ソフトバンクグループ(9984)】
2019年以降、株価が1.5倍以上に値上がりしました。これだけ株価が上がると、「今から買うのはちょっと…」とためらってしまうものです。とはいえ、同社株はまだまだ割安水準。足元の業績も好調な様子なので、引き続き続伸に期待したいところ。

【ホンダ(7267)】
昨年7月以降、3度に亘って上方修正をするなど、業績は好調な様子です。自動車関連株は不調な時期が続きますが、中でも同社株は割安感が強い印象があります。「ドカンと値上がりが期待できる!」という感じの銘柄ではありませんが、不人気な今こそ、中長期保有に向けて注目しておいても良いんじゃないでしょうか。

同社のような割安株は、これから株価が上がりやすいと期待できます。割安である今のうちに、注目してはいかがでしょうか。

[危険株ニュース]高IQ投資家が警戒する危険株(4月22日版)

【ユニーファミマHD(8028)】
去年11月以降、株価の伸び悩みが目立ちます。11月30日の最高値(4740円)から、株価は35%以上も値下がりしました。とはいえ、「今が買い時か?」と言われると、そうとも考えにくくてですね。というのも、同社株の予想PERは30倍近く、やや割高感のある印象があるんですよ。まだ株価が伸び悩む可能性もあるので、しばらく様子見するのが無難だと考えます。

【安川電機(6506)】
今年に入ってから株価上昇が目立ちます。2019年以降、すでに同社株は1.5倍以上に値上がりしました。一方、同社株の予想PERはすでに30倍超。割高感のあるとも捉えられる水準まで値上がりしました。「値上がりした=今後の値上がり余地が減った」ということでもあります。安易な追いかけ買いは控えておきましょう。

【日本電産(6594)】
今年に入ってから株価上昇が続いており、4月から拍車がかかっております。すでに同社は、4月だけで10%以上値上がりしました。車載用ショートレンジレーダを新規開発したと発表したこともあり、注目を浴びているようです。とはいえ、同社株の予想PERはすでに40倍を超えており、割高とも取れる水準まで値上がりしています。中長期では伸び悩む可能性もあるので、手控えておいた方が無難と考えます。

同社のように、大きく値上がりした株は、これから反落のおそれがあります。無理に後追いするのではなく、様子見しておくと無難でしょう。

[株ニュース速報]成長ペース4倍の有望株。福井コンピュータ<9790>(4月22日版)

4月19日には、
「今までどうして気づかなかったんだ…!」
と悔しくなる有望成長株を見つけました。

一躍、一軍銘柄入りだなぁ。
その銘柄がコチラ:

◯福井コンピュータHD<9790>

建築用ソフトの大手。

4月19日に前期業績を上方修正。
業績が絶好調な様子でございます。

もともと同社は収益性が高く、
「売上高営業利益率が30%超」
という、日本の中でもトップ5%の高さ。

めちゃ優秀な会社でございます。

また、同社の成長性も素晴らしく、
ROAは平均的な日本企業の4倍ほどのペース。
(ついにシャア専用ザクを超えましたな。)

また、今回の上方修正を受けて、
予想PERが約15倍と割安感が出てきました。

こりゃあ、文句ナシの買いですなぁ。

今は相場の地合いも微妙なので、
「今すぐ買って儲かる!」
という感じではないですが、

良いタイミングが来たら仕込んで、
中長期での値上がりに期待したいですな…。

[相談コーナー]株でやっちゃいけない違法行為ってありますか?(4月22日版)

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
インサイダー情報って、案外手に入るものですね。
とはいえ、違法行為なので、その情報を基に、
企業に投資することはありませんが(汗)

株式投資にも「違法行為」があります。
僕ら個人投資家レベルで、気をつけた方がよい、
「違法行為」って何かあるでしょうか…?
====================

中原からの回答:

インサイダー情報ね…。

僕も職業柄、
聞いてもいないのに、

「うちの会社が◯◯でさー」
「この情報、使ってお金儲けてよいよw」
なんて、冗談めいて言われます^^;

とはいえ、

インサイダー取引は立派な違法行為です。

見つからないことがあるとしても、
僕みたいなチキンからすれば、

違法なことが嫌なのはもちろん、
「見つかったらどうしよう…?」
なんてビクビクすることの方が嫌です。

それに、仮にインサイダー情報を使ったところで、
「確実に儲かるか?」と言われると、
そうでもないと思いますし…^^;

インサイダー情報に頼らずとも、
お金を上手に増やす方法があります。

王道の投資法を使って増やした方が、
堂々とお天道さまの下を歩けるので、
そうした方が良いかと思います^^;

さて、

「個人投資家が気をつけた方が良い、
違法行為は何でしょうか?」
という質問ですが、

僕は弁護士ではないので詳しくありません。
なので、間違っていたらすみません。

あくまで「参考」として、
胸に留めておいて頂けたらと。

個人的によく出会う違法行為で、
問題になるパターンは以下の2つです。

・自分が違法行為をして捕まるケース
・他人が違法行為をして巻き添えを食らうケース

1つ目は、
「自分が違法行為をしてしまい、
お縄になってしまうパターン」
です。

個人投資家でありがちなのは、

先ほどのインサイダー情報に加え、
「他人のカネで運用する」系が、
法的に怪しいところです。

「君の代わりにお金を預かって運用するよ」
「儲かったら、報酬をちょうだいね」
といった類の行為は、

「投資一任」と呼ばれていて、

資格を持っていないと、
やっちゃいけないのでアウト。

「投資教育」とかは問題ないんですが、

「ビジネスとして投資一任」は、
無免許だとアウトです。

だから僕も、

他人のカネを集めて、
「代わりにお金を増やします」
なんてことはやってません。

というか、

カネを集めて(高い手数料を取って)運用するより、
「教育して本人に増やせるようになってもらう」
ほうが、よっぽど未来につながると思います。

もう1つのパターンは、
「他人の違法行為のせいで、
自分が巻き添えを食らう可能性」
ですね。

ありがちなのが、

投資先の企業が不正会計をするなどの、
違法行為をやらかしてくる場合です。

訴訟こそできるでしょうが、
だいたい痛手を被るのは僕ら投資家です。

よって、

どんなに信用できる投資先でも、
集中投資を行うことはオススメできません。

できるだけお金は分散して、
「1つがコケても大丈夫」
と言える状態を作りましょう。

お金がらみの法律は、
日本は厳しく規制されてます。

たまーに、
「友達のお金も運用してます」
なんて言う方もいますが、

これは違法行為ですので、
止めておきましょうね…。

[日本株見通し]日本株、10連休に持ち越すべき?(4月22日版)

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

週末の日本株市場は、
小幅な反発に留まりました。

もうちょっと戻ってくれると思いましたが、
持っていた株も反発してくれませんでした…。

特に、僕が注目している、
「東証小型株指数」は、

18日に1.8%も下がりましたが、
19日に0.4%しか戻しませんでした。

戻りが弱いので、
「買いにくい地合いなのだな」
と考えているところです。

特に、日本株市場には、
「一度下がり始めると、しばらく下落が長引く」
という傾向がありますんで、

今後はしばらく弱気な展開を、
警戒しておいた方が良いでしょう。

【4/19時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):買い
目先(1週間):売り

この投資スタンスに従うと、

現時点で株を持っていない人は、
「これから1週間くらいは様子見する」
ことで損を抑えられるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「小型株から大型株へ乗り換える」
「ひとまず株を売却して体制を整える」
といった作戦で、損を抑えられると思います。

例年、4月の最終週には、
「株価が上がりやすい!」
なんて傾向があります。

大きな連休前ほど、
強気になるモンなのですが、
今年はどうなるでしょうか。

僕自身の方針としては、
ひとまず足元の相場が、
上昇へと転じてきたところで、

改めて株を買い込む予定です。
10連休は「あえて株を持ち越す」ことで、
利益になる可能性が高いと見ています。

というのも、
「長期連休は持ち越すと、
株価が上がりやすい!」
なんて傾向が強いんですよ。

とはいえ、

早く入りすぎても、
お金を増やせないこともあるんで、

いつ買うかのタイミングが、
悩ましいところですな…。

– 中原良太