From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

気になるこれからの
相場の先行きを予想します。

4月16日の日本株市場は、
日経平均株価だけが上がり、
それ以外は横ばいでした。

小型株は動きが弱く、
若干の値下がりが目立ちました。

いつも僕は、

「日本株が上がった翌日は、
続伸しやすい傾向があります!」

「日本株が下がった翌日は、
続落しやすい傾向があります!」

なんて話をしてきましたが、

とはいえ、

今回の反落については、
例外的に悲観する必要も無さそう。

というのも、

4月15日に大きく値上がりした分、
利益確定による反動売りが起きるのは、
まぁ、自然といえば自然な動きだからです。

16日の相場下落が、
「1日で2%の下落!」
とかだったら流石に慌てますが、

15日にTOPIXが1.5%上昇

16日にTOPIXが0.1%下落

という程度の、小幅な調整でしたから、
そこまで悲観ムードも強くないと思います。

よって、

中原の投資スタンスは、
昨日のまま強気を維持します。

【4/16時点の投資スタンス】
長期(1年間):売り
中期(3カ月):買い
短期(1カ月):買い
目先(1週間):買い

この投資スタンスに従うと、

現時点で株を持っていない人は、
「出遅れている株を追いかけて買う」
作戦で、お小遣い稼ぎくらいはできるかと。

一方、

現時点で株を持っている人は、
「大型株から小型株へ乗り換える」
といった作戦で、さらに利益を伸ばせそう。

かくいう僕自身のトレードですが、

月曜日に株を全力買いしたので、

相場が上がっている限りは、
がっちりホールドを継続します。

4月下旬〜5月中旬にかけては、
好決算株が軒並み値上がりするんで、

いまのうちに、決算が好調な、
好業績株をがっつり保有しておいても、
お金を増やせそう。

ウォッチリスト銘柄の中から、
1〜2銘柄くらい買ってみようかしら。

– 中原良太