From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
信用買い残、売り残、貸借倍率って何ですか?
====================

中原からの回答:

これ、僕もまだまだ研究不足なので、
「こういう事ですぜ!」と、
自信を持って回答できません。

だから、

間違えてたらすみませぬ…(汗)

まず、株取引には、
「現物取引(現金による取引)」と、
「信用取引(借金による取引)」の、
2種類がございます。

このうち、
「信用取引(借金による取引)」は、
動きが追跡されているんですよ。

具体的に何が追跡されているかというと、
「買い残(借金で買われている株の数)」
「売り残(空売りされている株の数)」
の2つが記録されているんですな。

ちなみに、

「信用取引」は、
JASDAQやマザーズでほど、
多く使われております。

だから、
「買い残」や「売り残」
などの数値は、

「大型株の取引では影響は小さい」
「新興株の取引ではメチャ重要!」
とおぼえておくと良いでしょう。

それと、「貸借倍率」についてですが、
これは「買い残÷売り残」です。

さいごに、

買い残・売り残・貸借倍率の、
具体的な使い方についてですが、

間違った情報がバラまかれてます。

けっこうな方が、
「買い残が多い=そのうち売られる=下がる」
「売り残が多い=そのうち買い戻される=上がる」
と勘違いされているようですが、

現実の動きは真逆です。

2019年に公開された論文によれば、

(貸借銘柄のみ、極端な変動をした銘柄を除くと)
「貸借倍率が高い(買い残>売り残)ほど株価が上がる!」
傾向があると分かってます。

間違えた知識に従えば、
みるみる損することになります。

変なところで仕入れた情報を鵜呑みにして、
損をしないように気をつけましょうね…。

– 中原良太