From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

今日も良さげな決算を発見しました。
それがコチラの銘柄でございます:

◯日本国土開発<1887>

中堅のゼネコン

3月に上場したばかりの会社。

通常、新規公開株は、
割高なものが多いので、
紹介することはないのですが、

同社は業績もそこそこ好調なうえ、
株価も割安だったのでメモ。

まずは同社の成長性から。

同社は予想ROAが約7%と、
平均的な日本企業と比べて、
2倍ほどのペースで成長中です。

成長ペースが早いので、
中長期での株価の伸びが期待できそう。

次に注目したいのが収益性です。

同社の売上高営業利益率は10%弱と、
日本企業の中でもトップ3割ほどの水準。

なかなか収益性が高いことから、
これまた株価上昇につながりそう。

さらに。

同社株でピカイチなのが割安性で、
割安性を示す予想PERが10倍割れ。

ふつうこの数字は「15倍」を切ると、
割安と言われておるんですけれど、

同社はその半分の水準です。
(=株価2倍も期待できるかも?)

建設業のPERが低めなんですが、

それでも同社は建設業の平均の、
1〜2割安くらいの水準ですから、
業種の中でも割安かと。

もともとは、

会社更生手続きのあった会社なので、
「いやぁ、買うのはちょっと…」
と思う方も多いでしょうが、

裏を返せば、
この「いや〜な感じ」が、
利益の源泉になるかもしれません。

いまは市況が悪いので、
「いますぐ買う!」
とは思いませんが、

とりあえず、

ウォッチリストに、
入れておくと良いかも。

– 中原良太