From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

3月29日の日本株市場では、
50社ほどが決算や業績修正を発表しました。

これだけ業績修正が多い割に、
下方修正などの暗い発表が多く、
なんだか陰鬱でしたなぁ(汗)

とはいえ、

数多い暗い発表の中にも、
キラリと輝く発表もありました。

今回は、下落相場に強い、
「安定高収益株」をご紹介します:

◯阪急阪神ホールディングス<9042>

関西の私鉄グループ。

3月29日に上方修正を発表。
今期の経常利益が一転して、
最高益を更新する見通しに。

修正幅も大きかったことから、
ポジティブ・サプライズとなりました。

同社のように上方修正した会社は、
以降、半年くらいは株価が上がりやすい上、

同社のような鉄道会社は、
下落相場でも株価が安定しやすく、
安心感のある会社だと思います。

同社の株価は、

飛び抜けて割安という感はないですが、
収益性がたっぷりあることもあり、

中長期での値上がりが期待できそうです。

3月以降、相場の動きが芳しくないので、
同社のような「安定感のある大型株」は、
注目してみる価値がありそうですなぁ。

– 中原良太