From: 中原良太
自宅の書斎より、、、

ここでは、YouTube生放送の、
リスナーさんから頂いた、
質問に回答します。

今回、頂いた質問がコチラ:

====================
中原さんは、どのようにして相場観を培っていますか?
====================

中原からの回答:

ちょくちょく頂くご質問です。

YouTube生放送などでは、
「逆神(ぎゃくがみ)」として、
崇め奉られている僕としては、

「この質問を僕にする…?」
と感じなくもないですが(笑)

とはいえ、

気になっている方が何名か、
いらっしゃるようですので、
この場を借りて回答します。

単刀直入に申し上げると、
僕には相場観がありません。
無に等しいです。

まったく相場観がありません。
才能のかけらもありません。

政治の雰囲気だとか、
為替やら先物の動きだとか、

そういったモノで、
「雰囲気で判断する」
能力が絶望的に欠けています。

そんな能力があったら、
きっと僕はすでに億万長者です。

だからこそ、
「相場観がないからこそ、できることは無いか?」
と考えに考えた結果、

「科学的根拠(エビデンス)に基づく取引をすれば、
天才的な大成功はできないまでも、そこそこ成功できそう」
と思い至りました。

「才能がなくても、投資では成功できるのだ」
ということをこの身を持って実証したくて、
科学に頼った株取引を実践しています。

だから僕は、

自分の「カン」とか「裁量」とか、
そういったものを一切当てにしていません。

同じように、

「どこぞの誰か」が発信している、
「裁量まみれ」の情報も信用しません。

結局、相場の動きを決めているのは、
市場参加者「全体」でございますので、

一意見に振り回されると、
ロクでもないことしか起きないんですよ。

そして、

勘や裁量に頼る代わりに、
「有効性が実証された科学的テクニック」
を使うことを徹底しています。

たとえば、
「相場が上がると翌日も上がりやすい」
とか、

「割安な株を買うと上がりやすい」とか、
「高収益な株を買うと上がりやすい」とか、
そういった類のテクニックですね。

僕にはカリスマ的なセンスがありませんので、
「誰でも同じようにやれば成功できる王道」
を進むしか、成功する術はないんですよ。

カリスマが使う裁量テクニックなどは、
僕が実践しても使い物にならないので、

とことん自分を捨てて、
夢想にふけることなく、
地に足をつけて、

「理詰めで科学的に取引する」
と決めています。

そういう意味で、

僕の相場観とは、
「自分が頼りにならないから、科学を頼る!」
という、この感覚なのかもしれませんね(笑)

– 中原良太